水俣病→初の治療薬誕生

水俣病特有の手足のしびれなどの神経症状を、緑内障治療などに使われる薬の成分が緩和する可能性があることが、環境省国立水俣病総合研究センター(国水研、熊本県水俣市)の研究でわかった

水俣病初の治療薬誕生に向け、国は重点施策として取り組む方針

水俣病は、メチル水銀に汚染された魚介類を多く食べて起きる神経の中毒症。手足のしびれなどの感覚障害や運動失調など様々な症状がある。根本的な治療法や治療薬はなく、患者はこれまで症状を緩和するリハビリなどに頼ってきた。

国水研によると、神経の細胞体の間を結んで神経信号を伝達するケーブル(軸索)が縮まることで、症状が起きる。メチル水銀が末梢(まっしょう)神経のケーブルを伸ばすたんぱく質を抑制し、ケーブルが縮んで神経伝達がうまくいかなくなって機能が衰え、最終的に神経細胞が死んでしまうという

参考 朝日新聞デジタル 2015.01.05

【関連する記事】