水に浮かぶソーラーパネル 

20年以上前ブラジル・アマゾン(Amazon)で行われた水力発電ダムの建設は、熱帯雨林の数千ヘクタールを水浸しにし、「環境犯罪」とみなされたアマゾン中部に造られたそのバルビナダム(Balbina Dam)が今、水に浮かぶソーラーパネルによって、再生可能エネルギーを生み出すプラットホームとして生まれ変わろうとしている。4日撮影。

AFPBB News2016.03.13
  images-3-48-150x150images

【関連する記事】