比軍5基地を米拠点に→航空戦力が主体

米、フィリピン両政府は18日、ワシントンで6回目となる戦略対話を行い、フィリピン空軍基地5カ所を米軍の拠点とすることで合意した南シナ海で実効支配を強化する中国に対抗するための措置。カーター米国防長官が4月、フィリピンを訪問し、運用の詳細を協議する見通しだ。

米軍は1992年までにフィリピンから完全撤退したが2014年4月に再駐留を認める「米比防衛協力強化協定」を締結した今回の措置は同協定に基づいている合意された拠点は、(1)スプラトリー(中国名・南沙)諸島に近いパラワン島のプエルトプリンセサにあるアントニオ・バウティスタ基地(2)中国の艦船が居座るスカボロー礁をにらむルソン島のバサ、フォート・マグサイサイ両基地(3)ミンダナオ島のルンビア基地(4)マクタン島のマクタンベニト・エブエン基地

軍事筋によると、フィリピン側は米軍の駐留先として、クラーク旧米空軍基地を含む8カ所を提示していたが、合意には含まれない。今回は航空戦力が主体で、海軍基地などが追加的に随時合意される可能性がある。米軍のリバランス(再均衡)戦略に対抗し、南シナ海の軍事拠点化を急ピッチで進める中国に対し、米側も戦力のフィリピンへの前方展開を急ぐ

両政府は会議後に共同声明を発表し、中国による南シナ海の軍事拠点化に「強い反対」を改めて表明フィリピンが南シナ海問題をめぐり、中国を相手取り訴えた常設仲裁裁判所(オランダ・ハーグ)の判断が出された際には、これに従うよう中国に求めた

産経新聞  2016.03.20

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】