歩行能力→心臓病死リスクと高い関連性

さまざまな疾病と共生しているシニア世代の健康目標は、「地域で自立し元気で暮らすための総合力」の維持増進である。そして、この健康目標に障害をもたらす一義的な原因は、メタボリックシンドロームをはじめとする生活習慣病ではなく“老化そのもの”であることが明らかになっている

超高齢社会になった日本では、国民のための健康施策として疾病対策と老化対策の双方が必要となるのである。健康づくりのメインキャストとしてまず思い浮かべるのは医師であろうが、医師養成の教育課程にはいまだ老化に関する教育内容はない。老化の科学を医学の範疇のみで学問するのが難しいからかもしれない。老化という健康問題を深く理解し対策をコーディネートできるプロフェッショナルの養成が急務である。叫ばれる認知症対策も疾病科学(医学)と老化の科学、両面から踏み込まないと有効な対策は開発されないであろう。

とはいうものの、やはり病気が気がかりな方は多い。そこで、今回は老化と疾病の関係について最近の考え方をお話しすることにする。

歩行能力のレベルでシニア期の心臓病死亡リスクを予測

1994年に全米医学会誌に発表されたとても意義深い研究成果を紹介する。71歳以上の心臓病とは無縁のシニア約4000名を歩行能力の程度ごとにグループに分け、その後4年間の心臓病死亡率をグループ間で比較した研究である。この研究は、シニア期の疾病管理や予防法の考え方に一石を投じた貴重な疫学データとして有名である。

しかしながら、日本では専門家でさえ意外に知らないことが多い。この結果は、1km歩き続けられ歩行能力にまったく問題のないグループを基準としたとき、続けて歩くのがやっとのグループでは心臓病死亡リスクが男性1.8倍、女性2.2倍になる。続けて歩けないグループでは男性2.0倍、女性2.6倍になるというものであった。この研究で扱っている心臓病とは冠状動脈硬化性心疾患といい、血清コレステロール値が高いとリスクが高まるとされる心臓病である

しかしこの分析結果は、高齢であること、血圧が高いこと、喫煙すること、肥満であること、血清コレステロールが高いことなど、従来いわれてきた心臓病のリスクファクターを十分加味酌量して算出されている。そして、グループ間には誤差や偶然をほぼ否定できる明らかなリスク差が認められる。普段の歩行能力のレベルでシニア期の心臓病死亡リスクが予測できるのである

歩行能力には、からだの老化の程度が映し出されている続けて歩くのがやっと、あるいは続けて歩けないグループは老化の進行が早いグループである。すなわち、この研究はシニア期の心臓病は“老化そのもの”が原因になることを示している。心臓病はシニアの主要死因である日本では65歳以上の女性の死因の第1位が心臓病である。予防に注意を払わなければならない疾病である。この先行研究データは米国のデータであるが、筆者らの日本における疫学研究でも同じような結果が得られている。

近年、研究が進むに従い、心臓病だけではなく脳卒中や肺炎でも同様な関係が認められることがわかってきた

シニア期になると、がんのリスクが高まる。すべてではないが、がん自体を老化による変化と解釈することができる。背景には老化による細胞性免疫の低下がある

●生老病死

齢を重ねるといろいろな病気に罹りやすくなったり、コントロールできていたが病気が急に悪くなったりする。紹介した研究データをみると、合点がいくのではないだろうか。

シニア期は老化が生活を運営するための総合力と多様な病気の両者のリスクファクターになる。シニアの健康管理では、病気の発症や悪化を老化の結果と捉える視点が必要になる。そのため、老化の進み具合をしっかりモニターすることがとても重要な意味を持つ。

「生老病死」とはよく言ったものだ。極めて的を射た言葉である

老化への関心は若い時期から持っておいたほうがいい老化への耐性は若年期のライフスタイルの影響を受けるからである
(文=熊谷修/人間総合科学大学教授)

Business Journal2016.03.11

   images-3-48-150x150images-5-300x152

【関連する記事】