欧州、牛乳が水より安く→価格急落

ロシアによる農産物の禁輸措置や中国の需要減退を受け欧州連合(EU)全域で牛乳価格が大幅に下落している1リットル入りボトルの価格は米ドル換算で水の1ドル50セント(約180円)に対し、ミルクは1ドルまで値下がりした

ベルギーのブリュッセルでは7日、酪農家数千人が集まって抗議活動を展開。トラクターで道路をふさぎ、警官隊に干し草や卵を浴びせた

小売価格の年初来の値下がりは5%前後にとどまっているものの、卸売価格は約20%下落して33セント前後になった。多くの農家では、生産コストを下回る価格での販売を余儀なくされている

EUは7日、農家の対応を支援するため5億ユーロ(約667億円)を拠出すると発表した。

ロシアはウクライナ問題を巡る欧米諸国の経済制裁への報復として、昨年から食品の輸入を禁止EUからロシアへの輸出は、チーズで32%、バターは24%を占めていたため、欧州の酪農業に大きな影響が出ていた

さらに、世界最大の乳製品輸入国である中国の需要減退も追い打ちをかけた

酪農家からは、市場の均衡を保つために生産割当制の復活を望む声も高まっている今年から割当制が30年ぶりに廃止され、生産量の制限が撤廃されたことも、牛乳価格が下落する一因になっていた

参考 CNN .co.jp  2015.09.08

 

【関連する記事】