次ぎは「爆医療」!?

1996年に単身中国に渡り、上海中医薬大学で学び、現在上海で中医(中国伝統医学医師)として活躍している1人の日本人医師がいる。藤田康介さんだ。藤田さんに中国人の病気事情や医療についての考え方、昨今の日本への「爆医療ツアー」などについて、お話をうかがった。(聞き手・構成/ジャーナリスト 中島 恵)

――上海に住んで20年になるそうですが、日本人が中国で中医になるとは非常に珍しい経歴ですね

私はごく普通の日本人として奈良県で育ったのですが、県立奈良高校在学中に祖父が肺がんを患い、そのときに出合った冬虫夏草に興味を持ち、中国の中医薬を学んでみたいと思うようになりました。それで一念発起して上海に渡り、まず中国語を勉強したあとに上海中医薬大学に入学、大学院まで修了しました。中医師になって今年で11年目になります

現在は、上海東和クリニック中医科の日本人医師として働いています。また、上海甘霖健康管理諮訊有限公司という私設相談所も開設し、大阪には毎月、東京には2ヵ月に一度、講演活動や中医健康相談などに出向いています

――ご専門は。

大学院では中医内科学を専攻しました。しかし、中医学の日常診察は全身を診るため、今は中医内科、中医皮膚科、中医小児科、中医婦人科、鍼灸科などを担当しています。一般的な風邪や胃腸炎のような内科疾患のほかに、メタボリックシンドローム対策など生活習慣に関わるもの、アトピー性皮膚炎や喘息、鼻炎などアレルギーに関わる疾患、偏頭痛や月経痛・腰痛など痛みに関わる疾患、さらに不妊症の相談や、悪性腫瘍まで西洋医学では治療が難しい症状の治療なども行っています

● 日本人の医者というと 真面目で良いイメージが多い

――患者さんはどういう方々なのでしょうか。

90%が上海在住の日本人で、10%が中国人、さらに上海在住の欧米人なども来られます。最近は日本からわざわざ治療に来られる方も少なくないです。中国転勤になり、環境が変わって生活に乱れが出て体調を崩した方などが多いですね。偏頭痛や顔面麻痺、難聴、皮膚トラブルなど不定愁訴の症状が出る場合もあります。そこまで行かなくても、ストレスで身体がだるい、やる気が出ないなどの症状を訴える方もいます。中国人の場合は、上海の西洋医学の病院で診察してもらったけれど改善しないといって、来院する方もいます。

この病院に日本人の医者がいるらしい」と聞き、好奇心で来る方もいます。日本人の医者というと、真面目で非常に良いイメージを持ってくださっているようですね。また、中医学は四診と呼ばれる望診、聞診、問診、切診を重視するため、どうしても時間がかかります。そこで、予約制でできるだけ時間をかけて診察するように心がけています。治療は主に中医薬(いわゆる漢方薬)と、場合によっては鍼灸も活用した鍼薬結合治療も行っています

 ――逆にいうと、中国のローカルの病院では思うような診察はしてもらえないということですか。

必ずしもそうとは言えませんが、上海は人口が約2400万人もいて、ローカルの大病院には毎日大勢の患者さんが押し寄せますので、1人当たりの診察時間は5~10分程度など、どうしても短くなります。じっくり問診する時間を取ることは難しいですね。

――私は2年ほど前、北京の病院に見学や取材に行ったことがあります。とにかくものすごい人で、いちばんびっくりしたのは診察室のドアが開けっぱなしで、後ろの患者もみんなで診察を見守っていることでした(笑)。3月にも上海の比較的大きな病院に行ってみたのですが、診察室の状況は変わっていませんでした。でも、受付などはIT化が進み、以前よりも落ち着いてきたな、と感じました。中国の病院の制度を簡単に教えていただけますか。

まず受付をして、希望の診療科に行き、順番を待って診察、場合によっては検査なども行って、その後に診察費を支払います。中国は院外薬局ではありませんので、薬も院内で受け取り、代金を支払います。かつては先に診察費を払わないと治療してもらえないなどのこともありましたが、今では(少なくとも大都市では)医療保険がありますので、後払いでも大丈夫になってきました

また農村戸籍の人で上海で働いている農民工(出稼ぎ労働者)などは、保険がなく高い医療費を支払わなければならないなどの問題がありましたが、そのようなこともなくなりました。上海市も最近、農村戸籍と都市戸籍の統一を目指すことを発表しました。徐々に改革が進んでいくことでしょう

救急車も、以前は前払いでしたが、上海では後払い制度になりました。中国では120番に電話すると、最寄りの救急病院から救急車が来るようになっており、たらい回しにされるということはありません

● 日本と中国では 大きく異なる漢方薬

――なるほど。わずか2年で状況はだいぶ変わってきているのですね。やはり中国は想像以上に変化が激しいです。ところで、中国というと、やはり漢方薬の本場というイメージがあります。しかし、日本にも漢方薬はありますよね。日中の漢方薬に大きな違いはあるのでしょうか。

大きく違います。まず日本では西洋医(いわゆる普通の医師)や薬剤師が漢方薬を処方しますが、中国では伝統医学の大学などで専門的な教育を受けた中医が中医薬を処方し、西洋医との明確な役割分担があります

中医薬を扱う薬剤師も中医学専門の資格が必要です。また、日本では「葛根湯」など決まった処方のエキス剤を使いますが、中国では単味のエキス剤を調合して、生薬量を加減して使います。日本でも煎じ薬というものはありますが、中国の場合、使われる生薬の種類が圧倒的に多いのが特徴です。中国は広いので、各地域特有の薬草もあります

処方の組み立てにも違いがあります。日本の漢方では「方証相対」と呼ばれる方法を使い、症状から葛根湯などの処方名を決めることが多いのですが、中国では「弁証論治」といって、患者さんの病態にあわせて分析し、一つひとつの薬草から処方を組み立てて行きます。もちろん、症状が「葛根湯」でよいのならそのまま使いますが、もっと微調整することも可能なのです。さらに、中国の中医薬では内服薬だけでなく外用薬もよく使われます。日本の漢方では外用薬を使うことはほとんどありません

 ――藤田先生は中医師ですが、中国人は西洋医学よりも中医学を重んじる傾向があるのでしょうか。

中国全体では西洋医学が70%、中医学が30%くらい、といったところではないでしょうか。現在、都市部では西洋医学のほうが主流となっています。ただし、農村ではまだまだ中医学が優勢です

中国の医師免許は大きく分けて3種類あり、西洋医、中医、中西医結合になります普通はこのうちの1つを取得します西洋医学を学んだ医師が中医学の治療も行いたい場合は、規定の勉強をして免許を取得しなければなりません。病院も、全体では西洋医学が主流ですが、西洋医学の総合病院にも中医科があります

もちろん、中医学を専門とした総合病院もあります。大切なのは、中国全体では西洋医学が主流になっているとはいえ、中国人の日常生活の中に中医学的な考え方がまだかなり残っているという点です。このあたりは、日中の医療に対する常識の違いとも関係していると思います。

● 健康や医療に関する考え方は 中国人と日本人はかなり違う

――たとえば、どんな点でしょう。

身近な例を挙げますと、日本には「子どもは風の子」という言葉もある通り、健康のために子どもには薄着をさせることが多いですよね。積極的に裸足で過ごさせる家庭や幼稚園もあると思います。しかし、中国はまったく逆。中医学的な考え方で、子どもに風邪を引かせないようにと厚着をさせます。また、中国人は「冷え」にうるさく、身体を冷やさないように、と帽子をかぶったり、ひざかけをかけたりしますね。冷たい風に当たることも「身体に悪い」といって非常に嫌います

また、日本では夏になるとアイスコーヒーや麦茶など冷たい飲み物を飲みますが、中国人は夏でも暑いものを好みます氷入りの冷たいドリンクは身体に悪いと思っていますし、ビールも常温で飲む人がけっこういます上海の農村にいくと、真夏に閉めきった部屋で山羊(やぎ)鍋を食べて汗を出す、というような伝統もあります

中国人は健康と養生に関する意識が強く、よく公園などで老人が運動や太極拳などをしている姿を見かけますが、伝統的な生活習慣や、「こうすれば健康でいられる」というやり方をかたくなに守る一面があります。例えば、早朝に激しい運動をするのはあまり身体によくないのですが、中国人は「身体によいのだ」と信じてやっています。朝早起きの人が多いですからね

そういう部分は中華料理などにも通じていて、伝統的な食べ物の組み合わせ(たとえば、卵とトマト、モヤシとピーマンなど)は絶対に変えません。食に対するこだわりは日本人よりも強く、上海などでは最近おしゃれで新しい中華料理店も次々とできてきていますが、日本の創作中華のような斬新なアレンジや、突拍子もないような食べ物の組み合わせはしません

中国人の生活は変化が激しいといいながら、そういう点は非常に保守的だといえます。このように、中国人と日本人の健康や医療に対する考え方や常識はまだかなり違うと思います。

● 「爆買い」の次は「爆医療」!?  日本や欧米の医療への関心が高い

――そうなんですね。ところで、藤田先生の元には、中国人の患者さんも来るということでしたが、日本人の中医の元に中国人患者が来るというのはおもしろい現象です。最近、PET、CT検査などを目的に来日する中国人が多いと聞きました。私も著書「爆買い後、彼らはどこに向かうのか? 」の中で中国人の医療ツアーのことを書いたのですが、やはりそういう流れはあるのでしょうか。

非常にあると思いますね。日本の病院でしっかり検査してほしい、という中国人の話はよく聞きますし、今後、「爆買い」ならぬ、「爆医療」の需要は、ますます増えていくと思います。中国の都市部の病院にもよい検査機械は導入され始めているのですが、何しろ中国は人口が多いので、順番待ちの時間も非常に長いのです

それに、日本では丁寧に診てもらえ、日本の医療に対する信頼感もありますので。今後、日本に買い物に行くだけでなく、健康診断や検査に行きたいという人が増えてくるのは、当然の流れだと思います。日本だけでなく、わざわざ欧米の病院に行こうという人も増えてきました。

私もときどき大阪と東京で健康相談を行っているのですが、そこにも日本在住の中国人が相談にやってきます。「日本の漢方が合わない」と言って……。ひょっとして、中国人にとっての日本の漢方はエキス剤や煎じ薬の生薬量が少なすぎるのかもしれません。また、日本の西洋医にうまく説明が伝わらないということも原因のひとつかもしれません。

――中国人の健康に対する意識は強くなっているのですね。

経済的に豊かになってきたら、次は心身の安定を求めるのは自然の成り行きだと思います。中国でも大企業ではきちんと健康診断が行われるようになり、健康維持を意識する人が増えています。子どもの小学校などでも、予防接種などはきちんと行われるようになってきています

しかし一方で、現代病といいますか、クルマ社会や飽食などによるメタボリックシンドローム、PM2.5など大気汚染が原因の喘息も増えてきています。2015年末に1人っ子政策が完全に廃止され、2人目の出産が解禁になったことから、2人目の不妊治療の相談もあります。また、中国では駅のターミナルなど広い場所に大勢の人が集まることも多いことから、伝染病などに対しても敏感です

中国人の患者さんの特徴は、とにかく質問が多いこと(笑)。医者と患者は上下関係ではなく、対等な関係で、納得するまで何度でも繰り返し質問してきます。日本人はまだお医者さんの言いなりになるという面があるかもしれませんが、中国人は医師に対して遠慮がありません。医師と患者の向き合い方ひとつとっても、日中には違いがあると思います。

――藤田先生は中国の小学校で子どもに漢方薬について教えたりもしているとお聞きしました。

私の妻は上海人で、子どもは現地の小学校に通っているのですが、その学校から頼まれて、3月に子どもたちを地元の薬草園に連れていきました。中医薬は上海の子どもたちにとってまだ身近なものではないですが、実物を見たり、触ったり、どうやって中医薬ができているのかを知ってもらうよい機会になったのでは、と思っています。子どもたちは大はしゃぎでした(笑)。

私自身、中国政府や上海市の奨学金を得て大学、大学院で学ばせていただいた結果、医師になれたという恩がありますので、何らかの形で中国社会に恩返ししたいという気持ちを持っています。医師として中国に住む日本人や中国人の病気治療をするのはもちろんのことですが、未来を担う子どもたちのため、あるいは、その他の面でも、この社会のお役に立てることがあれば、今後も活動を続けたいと思っています。

――ありがとうございました。

中島恵

 ダイヤモンド・オンライン2016.05.19
 images-3-48-150x150images

【関連する記事】