機動戦闘車が披露される

幕張メッセで開催(4月29日・30日の2日間)された動画サービス「niconico」による巨大イベント「ニコニコ超会議2016」では、今年も自衛隊ブース登場!機動戦闘車が民間初出展された

【写真を見る】現役戦闘機「F-15J/DJ」のジェットエンジンも!

「ニコニコ超会議2」から3年連続ブース出展となる自衛隊は、今年も陸・海・空がそろい踏み。陸上自衛隊からは、2016年4月の正式配備後、民間初展示となる最高時速100kmの機動戦闘車が持ち込まれた。同隊の広報担当者は「こちらは74式戦車の主砲と同等の105mmライフル砲を装備しているところがすごいんですよ一般道も走れるんですが、戦車のように射撃もできるんです!」とアピール。同ブースは大盛況だったようで、2日目早朝に話を聞いたところ、「1日目にはお配りしていたパンフレットが2000部なくなるなど、好評でした」とのことだった。

また、航空自衛隊ブースでは現役戦闘機「F-15J/DJ」のジェットエンジンが展示され海上自衛隊ブースでは輸送艦「おおすみ」とエアクッション挺「LCAC」の“模擬演習バーチャル体験”が展開された。航空自衛隊の広報担当者は「F-15戦闘機のエンジンが単体で置いてあることはほぼないので、今回はレアな機会となっています。これがあれば、音速の2.5倍で飛行できるんです。大型旅客機よりパワーがあります」と話していた。【東京ウォーカー】

東京ウォーカー2016.04.30

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】