植物の光合成でスマホを充電する「植物鉢」

地震や台風、洪水といった災害の際、スマートフォンは通信手段であると同時に重要な情報収集ツールだ。しかし、停電になるとバッテリ切れが避けられない。そこで、被災時に利用できそうなスマートフォン充電デバイスとして、塩水対応の「Hydra-Light Salt Water Charger/Lantern」、風力による「Trinity 400」、熱を使う「Warpfive Generator」、太陽光の「HeLi-on」など、コンパクトな発電装置を紹介してきた

 今回クラウドファンディングサービス「Indiegogo」で見つけた発電装置「Bioo Lite」は、なんと植物の光合成を利用してスマートフォンやタブレットを充電するという

Bioo Liteはなんの変哲もない高さ21×縦11×横11cmの植木鉢電力を取り出すためのデバイスが内蔵され、充電用USBポートが設けられている出力は3.5V、0.5Aで、少し頼りないが充電できる

光合成から発電に至るプロセスは光合成の過程で土へ排出された成分が電気エネルギーに変わるとだけ説明されている。特別なメンテナンスは必要なく、植えた植物を普段通り育てればよいそうだ

太陽に照らされていない夜間でも、充電可能1日にスマートフォンを2回から3回フル充電できる電力が得られるとしている

Biooには、Bioo Liteより大きな電力が得られるサイズ100×100×25cmの「Bioo Panel」もある。これで最大40wの発電が可能という

Indiegogoでの目標金額は1万5000ユーロ。記事執筆時点(日本時間4月19日11時)で約1万1000ユーロの資金を集めている。キャンペーン期間はあと1カ月ある。

CNET Japan2016.04.19

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】