森トラストの次期社長→伊達美和子氏

40代で女性でしょ。希少価値があって、むしろやりやすいんじゃないかな。今の日本の経済界においてはプラスになりますよ

不動産大手・森トラストの森章社長(79)は、6月下旬の株主総会を経て、長女の伊達美和子氏(44)に社長を交代する方針を表明した。森社長自身は代表権のある会長へと就任する

ダウンロード (1)

■ ホテル事業を引っ張ってきた伊達氏

森社長の言葉どおり、旧態依然の男社会が続く不動産業界において、伊達氏の存在は異彩を放っている。近年は、ホテル・リゾート運営子会社の社長として、手腕を発揮。米マリオットホテルなど、世界的なブランドホテルの誘致も次々に実現した

2016年3月期のホテル事業の売上高は280億円と、この2年間で約4割伸びる見込み。伊達氏は2月の本誌インタビューで「米国の宿泊サービスの業界規模は自動車産業と同程度。日本も可能性があるのだから拡大していくべき」と述べた近々上場を計画するホテル特化型REIT(不動産投資信託)も伊達氏の肝いり案件だ

伊達氏は大学院で都市計画を学んでおり、専門領域は開発分野国家戦略特区の認定取得など、行政対応も担当する。かつて森社長は森ビルとの協業の可能性について、「私の時代ではなく次世代の経営者次第だが、互いに事業提携する可能性もあろう」と本誌に語ったことがある。

 まもなく着工する、虎ノ門パストラルホテル跡地再開発では、伊達氏が陣頭指揮を執った。隣接する虎ノ門ヒルズ周辺エリアを整備する森ビルとも、都市計画ですでに協力が実現している。「娘の実績はもう十分」と、森社長も太鼓判を押す。

 ビル99棟や、ホテル、法人会員制リゾート施設「ラフォーレ倶楽部」で計7200室を展開する、森トラストの総資産は、およそ1兆円。2015年3月期の売上高は2728億円で、「六本木ヒルズ」などを展開する森ビルとともに、“港区の大家”とも称される。森ビルは2011年、創業家以外から辻慎吾氏を社長に据えたが、森トラストは同族経営を継続する方針だ

■ 2人の兄は森トラストを去った

森社長は当初、3人の子女を後継者と考えて、それぞれに会社を分割して承継する腹積もりだったという。一つの会社に兄妹を置かず、分割承継するというのは、先代からの考え方。「同格でトップが2人というのは無理なんですよ」(森社長)。森ビル創業者の父・泰吉郎氏が亡くなった際も兄の稔氏が森ビルを弟の章氏が森トラストを承継することが、あらかじめ決まっていたという

が、伊達氏の2人の兄は、すでに森トラストを去った。「長男は早く独立して社長をやりたいというのでのれん分けした。二男は競争が煩わしかったようだ」(森社長)。

今後、会長として補佐するのは、「次期社長が財務、人事などの総務系業務に慣れるまで」と森社長は話す。これまで森社長がこだわってきた非上場という点についても、「上場するかもしれませんね。それは娘の考える話」(森社長)と、伊達氏の方針を尊重するスタンス。新社長への権限移譲は一気に進みそうだ

(「週刊東洋経済」2016年4月16日号<11日発売>「核心リポート05」を転載)

茨木 裕

東洋経済オンライン2016.04.17

images-3-48-150x150images

【関連する記事】