格安スマホって?

春の新生活を前に見直したいのが固定費。なかでもよくわからなくてそのままになっているのが、“通信費”ではないでしょうか?

そこで今回は、ファイナンシャル・プランナーの筆者が「通信費が節約できるなら使ってみたいけど、よくわからない……」という方のために、“格安スマホ”や“WiFi”の基礎知識をお伝えします

■格安スマホって? SIMカードって?

格安スマホって耳にしたことはありませんか?

OCN、楽天、Biglobe、イオン、BIC、DMM、Iijmio……。格安になるのは、MVNO(大手会社の通信設備を借りている会社)が運営するからで、インターネットプロバイダーや流通大手のものなどがあります

また、スマホを契約するときに、ショップで小さなカードを入れてもらった覚えはありませんか? それをSIMカードといい、契約者の情報が保存されているカードです。

そして、格安SIMはインターネットで契約するケースが多く、SIMカードが送られてきて、それを対応するスマホへ差し込みます対応スマホはSIMカードとセットで購入したり、別に購入した格安スマホにSIMカードを差し込んで使うこともできます。こうして格安スマホが使えるようになります

■格安スマホと大手スマホ、どう違う?

格安スマホの料金は比較的安く、月額約500円から約4,000円ほどです。そして、データ通信容量は500MBから3GBくらいまでの少なめのものが多いです

また、通話料金は大手スマホより高く、そもそも通話機能のないスマホもあります。

さらに、docomo.ne.jp やezweb.ne.jp 、softbank.ne.jpなどのキャリアメールが使えなくなりますので要注意です。

■格安スマホと大手スマホの同じ点

格安スマホの電話回線は大手携帯会社の回線を借りているため、通話品質は大手と同じとうたわれています

どの会社のどの範囲でネットワークを借りているかは、格安スマホ会社ごとに違うのですが、大手の回線を複数借りていて選べるものもあります。

また、スマホ本体の容量(データ通信容量とは異なる)があり、アプリをインストールすることさえできれば、LineやFacebookは基本的に使うことができます

そして、yahoo.co.jp やgmail.com などのフリーメールは使うことができ、格安スマホでもiPhoneを使えるものがあったり、通話し放題サービスが出始めたりしています。

■WiFiって何?

WiFiとはパソコンやスマホ、タブレット、ゲーム機などをケーブルにつながなくても、無線で電波につながるようになる方法で、無線LANとも言われます。大手携帯会社やケーブルテレビで無料で無線機器を配布してくれることもありますし、NECやバッファローの無線機器も人気です。

パソコンなどに初めてつなぐときは、パスワードなどの設定が必要です。アプリなどのインストールには良くWiFiが推奨されています

■無理なく通信費を節約したい…平均はいくら?

MMD研究所によると、1,105人のスマホユーザーに調査したところ、大手スマホの月額平均は7,433円、格安スマホの月額平均は2,067円だったとのことです。3倍以上の開きがありますね

筆者は、大手スマホで電話かけ放題+データ通信容量3GBのコースを選んでいました。

WiFiを優先して使うようにしていましたが、動画など見ていると、すぐに3GBに達してしまいました。警告がきてからは、WiFiを使うようにしたので、3GBでも大丈夫でした

スマホにおいては、やはりモバイル電波(LTE)の方が強く、WiFi電波より先に反応するようです。

格安スマホは、モバイル電波(LTE)の通信容量が少ないものも多いのですが、モバイル電波(LTE)が容量に達した後もWiFiを使えばつながるでしょう。

契約が切れて通話ができなくなり、月額料金のいらなくなった元スマホでもWiFiはつながります。動画を見るのも、LINEもFacebookもWiFiにつなげば使用できます

いかがでしたか? WiFiの有効活用が通信費節約のカギと思われます。通信費が高いと感じているなら、大手との違いを確認し、格安スマホやガラケーへの切り替えを検討してみてもいいかもしれませんね。  (拝野洋子)

Woman Money2016.03.21

images-3-48-150x150images

 

 

【関連する記事】