果てしない人類の祖先

現生人類ホモ・サピエンス(新人類)の祖先は、およそ20万年前にアフリカ東部に現れて、7万年前に「出アフリカ」を果たしたたった一人の女性に行き着くことがわかっています

ホモ・サピエンイスの前に登場した人類は、約30万年前の「旧人」でネアンデルタール人・クロマニヨン人、フローレンス人など。

その前が160万年前の「原人」でトウルカナ・ボーイや北京原人、明石原人が該当します。

さらに、そのまえが420~460万年前の「猿人」でラミダス猿人、アファール猿人ルーシーがいます。

最古の人類が700万年前ごろに誕生したとみられるサヘラントロブス・チャデンシスです。

これがチンパンジーやゴリラと枝別れした直後の人類とされています。

参考

糖尿病と付き合ってこの10年でわかったこと

著者 阿部博幸

発刊 株式会社 青萌堂

【関連する記事】