東芝の医療機器子会社→日立が買収検討

経営再建中の東芝が売却を検討している医療機器子会社について日立製作所が買収を検討していることが30日、分かった東芝の医療子会社は、診断装置などを手掛ける(栃木県大田原市)

東芝は来年1月にも入札を実施し、3月末までに売却先を決めたい考え。東芝メディカルをめぐっては、国内外の複数の医療機器メーカーが買収に関心を示しており、買収額が高騰する可能性もある。

日立は、子会社の日立メディコ(東京都千代田区)が磁気共鳴画像装置(MRI)やコンピューター断層撮影装置(CT)を手掛けているが、世界シェアは数%で、米ゼネラル・エレクトリック(GE)ヘルスケアや独シーメンス、オランダのフィリップスの世界3強の後塵(こうじん)を拝している。一方、東芝メディカルのCTの世界シェアは、GEヘルスケアとシーメンスに次ぐ3位と高い

現在、日立はヘルスケア事業を強化しており、同事業の売上高を2014年度の3379億円から18年度に6000億円に引き上げる計画これに向けて東芝メディカルを買収し、世界3強を追い上げたい考えだ

東芝のヘルスケア部門の16年3月期の連結売上高は4400億円、営業利益は150億円を見込む。主要事業の中で、唯一黒字を確保する見込みだが、財務体質の悪化を受け、優良子会社でもある東芝メディカルの売却を決断した

同社をめぐっては医療機器のシェアを高められる好機とあって3強のほか、内視鏡事業で以前に同社と提携関係にあった富士フイルムホールディングス(HD)、米投資ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)なども高い関心を示しているもよう

東芝の室町正志社長は売却額について「数千億円になる」との見方を示すが、優良事業だけに争奪戦が激しくなりそうだ

参考 Sankei Biz  2015.12.31

EBTTjDcq4T2smF71445577871_1445578919

 

【関連する記事】