東京消防庁→エアハイパーレスキュー拠点

空からの消火や救助活動を行う東京消防庁の新たな部隊「エアハイパーレスキュー」の拠点が完成し、21日、公開されました

 東京消防庁に新たに設けられる「航空消防救助機動部隊」、「エアハイパーレスキュー」は、火災や災害現場で空からの救助活動を行う部隊で、来年1月に正式に発足するのを前に東京・江東区に拠点が完成し、21日、公開されました

「エアハイパーレスキュー」は高度な救助技術を持つ44人の隊員で構成され、高層ビルでの火災の際には上空から水平方向に放水して消火し、ゴンドラを利用して、およそ10人を同時に救助することができるということです

東京消防庁は首都直下地震や東京オリンピックに備え、空からの消火や救助体制を強化したいとしています

参考 TBS系 JNN 2015.10.21

【関連する記事】