朴大統領胃痙攣→絶対安静

韓国大統領府は27日、南米歴訪から同日帰国した朴槿恵大統領が過労が原因で、胃けいれんによる腹痛の症状が出ていると明らかにした咽頭炎で微熱も続いており、医療陣は1、2日程度の絶対安静が必要と診断したという
朴大統領は16日からコロンビア、ペルー、チリ、ブラジルを歴訪。聯合ニュースによると、この間にへんとうが腫れるなどし、高熱と腹痛の症状が出た点滴を打ちながら公務を続けたが、通例となっている帰国途中の専用機内での記者説明は中止された

参考 時事通信 2015.04.27

【関連する記事】