朴大統領→未来に向かって前進すべき

韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は21日、「今後、日韓両国は正しい歴史認識と善隣友好精神に基づいて、新しい未来に向かって共に前進していくべきだ」と強調した

朴大統領はこの日の午前、ロッテホテルで開かれた「韓日友好親善の集い」に送った映像メッセージを通して、「ことしは日韓国交正常化50周年を迎える年」としこのように述べた。

朴大統領は「1965年の国交正常化以降半世紀の間、日韓両国は政治、経済、社会、文化をはじめとする多様な分野で幅広く交流し、関係の発展を成し遂げた」としながら、「時には難しい状況も発生したが、両国国民は粘り強い文化コミュニケーションと人的交流でお互いを理解し、努力して友情を確かめた」と伝えた

また、「その過程で、在日同胞の皆さんは両国をつなぐ掛け橋として、常に大きい力になった」と評価した

参考 Copyrights(C) News1 wowkorea.jp 2015.10.21

【関連する記事】