本当は恐ろしい鼻毛処理方法の真実

皆さんは鼻毛の処理に気を使っていますか? どれほどおしゃれな髪型や服装でバッチシ決めていても、鼻毛がピロ~ンと出ていたら何もかもが台無しですよね

友人や女性に影で笑われないためにも、身だしなみは常にキチンとしていたいものです

しかしあなたの鼻の穴ケアは、本当に安全でしょうか。専門家によると、間違った処理方法によっては最悪、細菌感染を起こして化膿する可能性があるといいます

そこで今回は、多数のメディア等で活躍する美人女医の山下真理子先生(写真)に、鼻毛処理について詳しくお話を伺いました。

鼻毛を無理に抜くことの危険性
まず鼻毛は、人の体を外部の細菌から守ってくれていますもしも鼻毛がなくなってしまったら、細菌が直に体内へ入り込み、病気に繋がることもあるのです

ですので鼻毛処理のやり過ぎには注意しましょう。

しかしもっと危険なのは、ピンセットなどを使って無理に鼻毛を抜くことです鼻毛を抜くと、毛穴にばい菌が入り化膿する場合があります炎症を起こしてしまった場合はなるべく早く耳鼻咽喉科の診察を受けてください

そのほかにも危険を招く行為はあると山下先生は続けます。

鼻をほじることの危険性
「鼻毛を抜くのと同じように気をつけていただきたいのが、鼻をほじるという行為

伸びた爪が鼻の中を傷つけてしまい、そこからも細菌が進入してしまう可能性があります無意識に鼻をほじる事が習慣化してしまうと、軽度の炎症であっても悪化することで細菌の進入を許し、重大な病気に繋がりかねません

強くほじる癖のある人は見直すようにしましょう」

とはいえ我々は、伸び続ける鼻毛を放置しておくわけにはいかないのです。処理にはどのような方法がもっとも安全なのでしょうか

■オススメの鼻毛処理法
とにかく毛根部分を傷つけないことが大切です先の丸い鼻毛専用のハサミでしたり、電動式の鼻毛カッターなどを使いましょう。どれもお手ごろな価格で売られていますので、本来の鼻毛の持つ力を失わない程度の長さにカットして安全に身だしなみを整えると良いでしょう

いかがでしたか?

普段の生活における何げない行為により、大病を引き起こしてしまうというのは、とても恐ろしいですよね。取り返しのつかない事になる前に、一度、自身の鼻毛処理方法を見直してみましょう。

参考 nikkan Care.ism 2015.06.10

 

【関連する記事】