最極貧女子→性風俗産業で生活する

「女性の貧困」が社会問題として認知されてきている昨今。2014年1月にNHKで放送された特集番組は大変大きな話題を呼んだ

鈴木大介の『最貧困女子』(幻冬舎)もまた、このテーマに切り込む新書だった。書名は「草食系男子/肉食系男子」を彷彿とさせる、ポップなものだけれど、著者が長年取材してきた貧困にあえぐ女性たちの凄惨な日常は、読んでいて胃がキリキリと痛んでくる。これが「年収が少なくても、若者たちは知恵を駆使して幸福に暮らしています!」というレポートだったら、むしろ良かった、と思えるほどに。

「最貧困女子」は、そうした「マイルドヤンキー」や「プア充」といった言葉でくくられる層ではない。性風俗産業(セックスワーク)の底辺で生活する、多くは、親からの暴力や虐待を避けるように家出をした女性たちだ

地方から大都市のストリートへと漂流した彼女たち。親や地縁、あるいは行政といった本来ならばセーフティネットとして機能するはずのものと無縁となった少女たちは、金銭もケータイも寝床も保証されない状態へと置かれる。そこで手を差し伸べるのは「路上のセーフティネット」である

それは善意の支援団体などではない違法デリヘル業者や買春男といった存在だ少女たちが自分たちの体を商品として差し出す代わりに、路上のセーフティネットは、金銭やケータイを与え、ときには他人名義の保険証を貸し出すことまでおこなう。そうして少女たちは自分たちの居場所を確保することに成功する。もちろん、それはフェアな取引ではない痛み止めの成分を含んだゼリーを女性器に塗りながら、性行為をしなくてはならないほど少女たちは酷使され「使い物」にならなくなれば、無情にも見捨てられてしまう

頭が良ければ業者側に回ったり、容姿に恵まれていれば18歳を超えたところでもっとワリのいい風俗店に移籍して働いたりすることもできる。あるいは、恋愛対象の男性と出会うことで別な居場所を確保する女性もいる。しかし、若くもなく、頭も良くなく、容姿にも恵まれていない少女たちは、見捨てられたままだ

やがて路上のセーフティネットからも無縁となった彼女たちは、出会い系サイトや街娼をしながら顧客をみつけ、漂流するほかない彼女たちの商品としての価値は、落ちるところまで落ちている。何をされても文句が言えない環境下での彼女たちの生活ぶりは、普通に両親祖父母に囲まれて育ち大学進学して正社員として働く男性である自分には、「別世界」のように読める。

本書のレポートで興味深いのは、いま性風俗産業に新しい勢力が加わりつつあるという指摘だ。

地方都市において、昼間は事務仕事をしながら、週に複数回デリヘル嬢として働くような女性が増えているのだと言う。本業の収入だけでやっていけないわけではない。筆者が「地方週一デリヘル嬢」と呼ぶ彼女たちからは「デリヘルの稼ぎの分は、あたしにとっていわば心のゆとり」という声が上がる

デリヘル業者のほうも生活に困窮しているなどの「ワケあり」でなくても、女性が業界に入って来やすいような工夫を凝らしている。そのおかげで「後ろ指を指される/恥ずかしい/隠さなくてはいけない」仕事というセックスワーカーのイメージは薄れ、さらに地方週一デリヘル嬢には「女性として(性的に)価値があると認められている」という自己実現感までもたらしている

そうした変化を良いものと捉えることもできるだろう。たとえばAV女優のようなプロフェッショナルがセックスワーカーの地位向上を訴えて発言することがある。セックスワークによる自己実現が広まりつつあるのであれば、そうした地位向上にもつながるのではないか、とも考えられるのだ。一方で、その自己実現感は、業者が搾取するための「新しい餌」でしかない、という捉え方もできるし、おそらくフェミニストならばそう批判するだろう。なめらかで、痛みの少ない搾取であるだけに、より一層タチが悪い、と

しかしもちろん負の側面もある。著者は、地方週一デリヘル嬢のような新規参入者が、これまで性風俗産業の最底辺に残れたハズの女性たちを、業界の外に押し出している、という。影響があるのは、路上のセーフティネットから見捨てられた女性ばかりではない。「ワケあり」の家出少女たちがすがる居場所が、「ワケなし」の女性たちに占有されれば、生き残るための条件は悪化するばかりだ

ただし、地方週一デリヘル嬢たちに責任を帰せられるわけではないだろう。「まったく余裕がない人のために、その場を空けておけ」と強制することはできない。そして、自分たちがセックスワークに従事することで追い込まれる人がいることを伝えられても、彼女たちは「追い出される方に、なにかが足りなかったんじゃないか」というお決まりの自己責任論を持ち出すだけだ。

地方週一デリヘル嬢にとっても、やはり、最貧困女子の世界は「別世界」なのだ。どうして彼女たちがそこまで落ちてしまったのか、どうして救われなかったのか。これがわからなければ、彼女たちの悲惨さは、自分には関係ないものとして処理されてしまう。「そこまで落ちたのは自己責任でしょ」「容姿なんかメイクでなんとでもできるでしょ」という批判の声まで出てくる。

本書の読者が最貧困を哀れみ、次の日から慈善事業に繰り出す。そういう社会変革がこの一冊によって巻き起これば、それこそ夢のような話だ。現実には、その「別世界」の片鱗を本書から垣間見て、別世界に落ちる(自己責任ではない)社会的な理由を理解することで「これは『別世界』ではない『我々の社会』の出来事だ」と気づくのが関の山だ。そして、同じ社会のメンバーの悲惨さに無関係な顔で生きていたことに反省したポースをとるぐらいしかできない。

そこがまた本書の苦しさだ。その苦しさは、取材を続けている著者が一番強く感じているのだろうけれど。

参考 メッセ 2014.11.14

【関連する記事】