最初は紙だった!?→雛人形豪華に

3月3日といえば、言わずと知れた「雛(ひな)祭り」実は今のような座り雛や雛段飾りが登場したのは、江戸時代から江戸時代は、雛祭りが商売繁盛につながったという。どういうことか…

連載【江戸の知恵に学ぶ街と暮らし】
落語・歌舞伎好きの住宅ジャーナリストが、江戸時代の知恵を参考に、現代の街や暮らしについて考えようという連載です。

■雛祭りの起源は? なぜ桃の節句という?

「雛祭り」といえば、雛人形を飾り、女の子の健やかな成長を願うものだが実は、厄払いの意味合いもある

「雛祭り」は、古代中国の「上巳(じょうし)」(旧暦3月最初の巳の日)に行われた穢れ(けがれ)を祓う(はらう)風俗行事が、日本に入ってきたことに端を発する紙などでつくった人形(ひとがた)で自分の体をなでて穢れを移し、川や海へ流すというもの

こうした風習と貴族の女の子たちのままごと「雛遊び」(雛はひよこ、つまりかわいいもの)が結びついて、日本の上巳の節句となったそして江戸時代になると、五節句※が正式行事となり、雛祭りは武家に、さらに庶民へと広がっていった
※人日(じんじつ)(正月7日)・上巳(じょうし)(3月3日)・端午(たんご)(5月5日)・七夕(しちせき)(7月7日)・重陽(ちょうよう)(9月9日)の五節句

雛祭りは「桃の節句」ともいう旧暦の3月といえば桃が咲く季節中国では上巳に、桃の花弁を入れた桃花酒を飲んで邪気を払った日本でも古くから桃は厄除けに用いられ、江戸初期までは上巳に桃花酒を飲んだ(以降は桃は飾り、白酒を飲むようになる)。雛祭りと桃は、切っても切れないものなのだ

■江戸時代の雛祭りは商売繁盛の源だった

人形(ひとがた)の由来から、もともとは質素な「紙雛(立ち雛)」だったものが、江戸時代の享保のころ(18世紀前半)になると、今日のような「座り雛」が定番となり、人形や調度がどんどん豪華に精巧になっていくついには、江戸幕府が華美にならぬようお触れを出すこともたびたびとなった

また、18世紀半ば以降になると、雛段を設けて人形や調度品を立体的に飾るようになる

【画像1】「雛人形」一竜斎国盛。雛段に内裏(だいり)雛や随身(ずいじん)、五人囃(ばやし)や菱餅などが飾られるようになる(画像提供/国立国会図書館ウェブサイト)

初めのころは、行商人が雛人形を売り歩いたが、江戸も後期になると、江戸市中に雛市が立つようになる特に有名だったのは、十軒店(じっけんだな)(今の日本橋室町の一部)で、道の両側のほかに道路中央にも臨時の売店が出て、大混雑したという

【画像2】「江戸名所百人美女 十軒店」歌川豊国、国久。雛人形を取り出す女性の姿の右上の駒絵に「十軒店」とある(画像提供/国立国会図書館ウェブサイト)

雛祭りが定着すると、さまざまな商売が繁盛するようになる江戸時代は、桃の花のほかにも菱餅や蛤(はまぐり)、炒り豆、草餅などの食べ物や、白酒などの飲み物を供えた白酒を売る店が繁盛したり、雛祭りの翌日に雛壇に供える「雛そば」でそば屋が繁盛したりといった具合だ

■歌舞伎「助六」に登場する白酒売り。実は…

桃月庵白酒という、今若手で注目の落語家がいる。“雛祭りらしい”名前だが、「しろざけ」と読まず「とうげつあんはくしゅ」という。

実は、落語や歌舞伎では、雛祭りがあまり出てこない。歌舞伎では「妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん)」で雛姫の自害を象徴するものとして雛人形が登場し、落語では「雛鍔(ひなつば)」という雛祭りとはあまりかかわりのない古典落語があるのと、立川志の輔師匠の「メルシーひな祭り」というフランスの外交官の母子が出てくる新作落語があるくらいか……。

それで、ちょっと「白酒」に振ってみたのだが、「白酒売り」という商売がある。白酒売りが登場するのが、歌舞伎十八番「助六由縁江戸桜」(すけろくゆかりのえどざくら:通称助六)だ。

花川戸の助六というめっぽうイイ男が主人公。助六と恋仲の遊女「揚巻(あげまき)」に岡惚れの意久(いきゅう)という金と権力のある老人に対し、助六が喧嘩を吹っかけて大騒ぎになる。

それを見とがめて、助六に説教をするのが白酒売りだ。実は、白酒売りは曽我十郎(そがのじゅうろう)祐成(すけなり)で、助六はその弟の五郎時致(ときむね)だった。

助六は、源氏の宝刀友切丸(ともきりまる)を探索するために吉原に通っており、意久が持っていると見て、刀を抜かせようと喧嘩を売ったというと、白酒売りの兄は納得して、喧嘩の仕方を助六に教わるという始末。

こうした筋をいろいろな人物が出てきて盛り上げるのが醍醐味の歌舞伎で、最後は意久が持っている刀が友切丸と分かり、奪い返すというストーリーだ。筆者が観劇している限りでは、友切丸と分かったところで幕が下りるので、奪い返すシーンは見たことがない。

【画像3】「花川戸助六 河原崎権十郎・白酒売り 中村芝翫」歌川豊国(画像提供/国立国会図書館ウェブサイト)

女の子ならウキウキするのが雛祭りだ。すでに女の子ではなくなった筆者も、小さな小さな雛人形を飾り、雛あられや草餅を食べる。健やかな成長だけでなく、厄を払う意味合いもあると知って、おばあちゃんになってもお祝いしようと思った次第だ。

●参考資料
・「浮世絵で読む、江戸の四季とならわし」赤坂治績/NHK出版新書
・「江戸のくらしの春夏秋冬」歴史の謎を探る会編/河出書房新社
・「ヴィジュアル百科 江戸事情 第一巻生活編」NHKデータ情報部編/雄山閣出版
・「歌舞伎ハンドブック改訂版」藤田洋編/三省堂
・古文書塾/藤澤茜講師「浮世絵を読む」の資料

山本久美子

SUUMOジャーナル  2016.03.03
  images (3)images

【関連する記事】