早漏対策→持続力を高める食材

男性力の悩みといえばEDが真っ先に上がりますが、その次に悩んでいる人が多いといわれているのが“早漏”です

早漏は、挿入する前に射精してしまう、あるいは挿入直後に射精してしまう症状で、原因は「精神的なもの」と「肉体的なもの」があるとされています。もしかして、自分は少し早漏気味かもしれない…と悩んでいる男性も実は多いかもしれません。今回は早漏についてご紹介します。

■早漏の原因

精神的なものとしては、「初体験や経験が浅い時に焦った」などが理由で早めの条件反射が身についてしまった、あるいは、「夫婦だけの寝室がない」「音を立てることができない」など周囲を気にするため慌ててしまう、といったものがあげられます

肉体的なものとしては、尿道感染症、生殖器の炎症など、刺激に対して敏感に反応するため早漏になってしまうということがあるようです

■偶然の早漏が悪循環になることも

EDも精神的な影響を大きく受けることからもわかるように、男性力はとっても繊細。ちょっとした環境の変化や状況で、気持ちが焦り、偶然早くなってしまった、ということは誰にでも経験があるはずです。

しかし、たった一度の偶然に対して「体に問題があるのではないか」「これからも普通にできないんじゃないか」などの不安にとらわれてしまうと、セックスに恐怖感を持ったり、自分に自信がなくなったりしてしまうことも。すると、EDなどの悪循環に陥ってしまいかねません

失敗の経験にとらわれることなく、気楽に考えた方がよいかもしれません。

■早漏に効く薬膳食材とは

中医学だと、早漏もいくつかのタイプに分類されます。“腎”という生殖に関わりの深いところが弱っているタイプは、性欲減退、ED、手足が冷たい、夜間頻尿などの症状もあります。この場合は、羊肉、ニラ、くるみ、生姜などの温める食材を積極的に摂り、冷たい物を避けた方がよいです

また、運動不足、睡眠不足、過労、物事の考えすぎなどで“心脾”が弱ってしまっているタイプは、全身倦怠感、めまい、動悸、物忘れ、食欲不振などの症状がありますこのタイプは山芋、インゲンマメ、黒大豆などがお薦めです。胃腸も弱っているので冷たい物、香辛料、消化が悪い高カロリーな物などは避けることをお薦めします

性の悩みはなかなか他人に相談しづらいものですから、まずは食事を意識してみてはいかがでしょうか。また、性行為時に男性下位、女性上位だと男性がリラックスしやすいといわれていますので、是非試してみてくださいね

参考 nikkan Carea.ism 2015.05.31

 

【関連する記事】