早まるカラーテレビの買い替え

インターネット機能なども備えたスマートテレビも普及しつつあるが、テレビは今なお一方向メディアの代表的な家電である。そして幼少児や中堅層以降、中でもシニア層にとって欠かすことの出来ない情報取得メディアであり、最大の娯楽機器にも違いない。

そのテレビにおいてここ数年、地デジ放送への切り替え(2011年7月)と消費税率改定(2014年4月)という、買い替えを促進する2つの大きな事象が発生している。

20140506-00034889-roupeiro-001-3-view
↑ カラーテレビ買い替え年数推移(年、一般世帯)(-2014年)

中期的な動向ではテレビの買い替え年数は、9年前後で安定。しかしこの数年は毎年少しずつ、確実に年数が短縮されている。2011年7月の地デジ化に伴い、チューナーで地デジ対応化したテレビを使っていても、故障などで「安くなっていることもあるし、この際修理をせずに対応機種に買い替えよう」とする動きが起きた結果。

そして2014年では取得可能なデータ中ではもっとも短い6.3年という値を示している。これは一つに地デジ化による移行の名残、そして主要因として2014年4月からの消費税率改定に伴い、それに先駆けて駆け込み的に、従来の買い替え期間よりも前倒しでテレビを新規調達した、いわゆる「駆け込み需要」によるもの

参考 Yahooニュース 2014.05.06

【関連する記事】