日韓雪解けムード→韓国経済好影響に期待

安倍首相と韓国の朴槿恵大統領が、22日に行われた日韓国交正常化50周年記念行事にそれぞれ出席したことを受け韓国では早くも日韓の雪解けムードが経済に好影響を与えるのではないかという期待が高まっている

23日の韓国メディア・朝鮮ビズによると、LG経済研究院のイ・ジピョン首席研究委員は、「これまで韓日両国間の投資が委縮し、観光客も減少したが、これは円安の影響だけでなく、両国の外交摩擦の影響もある。和解の雰囲気が続くとすれば韓国経済にも好影響を期待することができる」と指摘している

日韓貿易は、李明博大統領(当時)が竹島(韓国名:独島)を訪問した2012年から減少傾向に入った日本の韓国からの輸入額は2012年が5.8%減、13年が6.7%減、14年が10.4%減と3年連続で減少した今年1~5月も11.6%減となっている。また、韓国を訪問する日本人観光客も2012年の351万8792人をピークに減少へと転じ、13年が274万7750人、14年が228万434人と急減している韓国対外経済政策研究院のイ・ヒョングン専門委員は「両国関係の冷え込みに影響を受けた部分があるため、それが解消されれば韓国経済には好影響があるだろう特に、両国関係の悪化で韓流関連の輸出が減ったことを考えれば、改善の余地があることは明らかだ」と分析している

一方、韓国政府も日韓関係の改善による経済協力の拡大に期待している。先月23日には2年半ぶりに日韓財務相会談が開かれ、今後も定期的に開催する計画だ。さらに、年内にも開かれると思われる首脳会談でも経済協力の拡大が議題の一つとなる見通しだ日韓間では、2001年から続いてきた通貨スワップ協定が今年2月に期限切れとなっているほか、日韓FTAや日中韓FTA交渉も大きな進展がない状況が続いている

ただ、韓国の貿易不振は為替レートや市場環境の変化などの影響がより大きく、日韓関係の改善による影響は限定的という分析もある。イ・ジピョン首席研究委員は「(日韓間には)慰安婦問題や独島(日本名:竹島)問題など、お互いに譲歩が難しい懸案が残っている。韓日の政界・経済界は協力のためさらに努力する必要がある」と指摘している

この報道に対し、韓国ネットユーザーからは様々なコメントが寄せられている。

日本政府が慰安婦を否定しているのに、和解するなんて、韓国の大統領とは思えない

この際、日本と経済的な協力を強くして、日本の企業を真似するようにした方がいい

「韓国はまだ日本の競争相手にはなれない。今は損をしても手を繋いではならない」

日本が間違いを犯したのに、私たちがいつも譲らなきゃならないのはなぜ?

経済的に利益があるなら、過去の歴史とは分離して考えた方がいい」

日本は韓国より基礎科学力があり、宇宙開発に優れている。政治家は韓国と日本が協力できるように広い視野を持ってほしい。お互い石油の出ない国だから、協力できる点は必ずある」

「雪解けムードで福島産の水産物が入ってきたら、どうするつもりだ?」

「朴大統領は今まで日本に強硬な態度を見せてきた。少し柔軟な態度に変化したが、通貨スワップをやってくれと頼める仲ではない」

日本人は韓国製を買わない。日本との経済協力は日本だけが得をする

「通貨スワップは中国とやって、日本を孤立させた方がいい」

参考 FOCUS ASIA.COM 2015.06.24

 

【関連する記事】