日韓関係→対立に終止符?

22日で日韓国交正常化から50年目となり、安倍晋三首相と韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が日韓それぞれで開かれた記念式典に出席したことについて、中国メディアの環球網は23日、「日韓関係は、官は熱くなりつつあるが民は冷たいまま」と論じる記事を掲載した

記事は、日韓首脳が式典で日韓関係の改善に向けた姿勢を示したと伝える一方、韓国各界は安倍政権が歴史問題で誠意を見せるかどうかを今なお疑問視していると主張し安倍首相が夏に発表する予定の戦後70年談話が「日韓関係の分岐点になる可能性がある」との見方もあると紹介した

続けて、安部首相が在日本韓国大使館が主催した式典で、「韓国は重要な隣国であり、互いに信頼し合って関係を発展させるべき」と述べたことを紹介さらに韓国KBSテレビの22日付報道を引用し、朴大統領が韓国ソウル市内で開かれた在韓国日本大使館主催の記念式典に出席し、「韓国と日本には歴史認識という重荷を下ろすことが重要」、「今年を日韓関係発展に向け、未来を切り開く年にすべき」と述べたことを紹介した

また、聯合ニュースの報道として、朴大統領が22日、安倍晋三首相の特使として訪韓した額賀福志郎日韓議員連盟会長と会見し、「安倍首相が1965年以降の歴代の首相が堅持してきた歴史観を継承することを望むと述べたことを紹介朴大統領の発言は安倍首相が夏に発表する予定の戦後70年談話において、歴史を反省し、謝罪する河野談話や村山談話などの考えを継承するよう促すものとの分析があると伝えた

さらに記事は、韓国の東亜日報が「現在の韓日関係は非常に冷え込んでおり、国交樹立以来、最悪と言っても過言ではない」と論じたことを紹介。また、日本経済新聞と韓国の中央日報が共同で行った調査結果として、「数年前に比べて日韓の互いに対する国民感情が大幅に悪化していることが示された」と伝え、その背景には「韓国側では日本の歴史認識および領土を巡る対立」があり、「日本側では、韓国がいつまでも歴史問題で批判してくることに対する反感がある」と指摘した

また、日韓国交正常化50周年を祝う式典が開催されていた時、ソウル市内で反日デモが繰り広げられたと伝え「日韓関係は、官は熱くなりつつあるが民は冷たいまま」と論じた

参考 サーチナ 2015.06.24

【関連する記事】