日米越台の対中国包囲網→サミット前に

伊勢志摩サミット(主要国首脳会議、26、27日)の開幕に合わせるように、日本と米国、ベトナム、台湾による対中包囲網の構築が進んでいる。サミットで発表される首脳宣言でも、中国による南シナ海などでの軍事的覇権強化について、名指しは避けながらも「現状の変更を試みる一方的行動」「強く反対する」と明記する

オバマ米大統領は23日、ベトナムの首都ハノイで、チャン・ダイ・クアン国家主席と会談し、米政府がベトナムに対する武器輸出規制を完全解除することで合意した南シナ海でベトナムなどと領有権を争う中国をけん制する狙いがある

日本もベトナムと連携している海上自衛隊の護衛艦2隻が先月、ベトナムの軍事要衝カムラン湾に海自艦艇として初めて入港し、ベトナム海軍と共同操艦訓練などを実施した

台湾も動いた。沖ノ鳥島沖(東京都)の排他的経済水域(EEZ)に派遣されていた台湾当局の巡視船が引き揚げを始めたのだ台湾の蔡英文新政権が、「親中派」馬英九前政権の方針を転換したとみられる

安倍晋三首相はサミット初日の26日午後、各国首脳と中国対策について、突っ込んだ討議を実施する方針だ

夕刊フジ2016.05.24

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】