日立、エレベーターの最高速度を達成

日立製作所は27日中国・広州市の高層ビル「広州周大福金融中心」向けに受注したエレベーターが分速1200メートル(時速72キロ)を記録し、世界最高速度を達成したと発表した。14日に行った走行試験で世界最高速度を達成。今秋の稼働に向け、据え付けや調整作業を進めている

広州周大福金融中心は地上111階、地下5階、地上の高さが530メートルの高層ビル分速1200メートルのエレベーターは、1階から95階まで2基据え付けられ、43秒で到達できる。一方、三菱電機も10日中国・上海市の高層ビル「上海中心大廈」向けに分速1230メートル(時速73.8キロ)のエレベーター技術を開発したと発表した。7月中旬に導入する予定となっており、分速1230メートルを記録すれば、日立の世界最高速度を更新する。開業したビルの中では、東芝が台湾に納入した分速1010メートルのエレベーターが世界最速となっている。

SankeiBiz2016.05.28
 images-3-48-150x150images

【関連する記事】