日本酒&日本産ビール→なぜ韓国で人気

韓国で日本の酒人気が不動のものになりつつある。日本大使館などが開いた日本酒などの試飲イベントは盛況を博し、日本製ビールの輸入は急増。輸出が低迷するマッコリなどと比較し、日本の海外展開に学ぶべきだとの論調もある。一方で、試飲イベントに対し、原発事故が起きた福島周辺産の酒もあり、「安全性が憂慮される」と中止を求める市民団体も現れた。ほしい物には貪欲な人々と偏狭な論理を振りかざす一部の人…。酒文化から韓国人の本音の対日観をのぞいてみた。

本場ドイツをしのぎ、実に30倍の伸び

日本全国計約100カ所の蔵元の酒を味わえる「ソウル・サケ・フェスティバル」が3月26、27両日、ソウル市江南(カンナム)区で、韓国の輸入会社と在韓日本大使館の共催で開かれた

日本酒のほか、日本の焼酎や泡盛も紹介され、「海外で開く日本の酒関連のイベントとしては過去最大規模」(大使館)。有料にもかかわらず、若い男女を中心に約4千人が詰めかけ、日本酒などの柔らかい味わいを堪能した

 韓国で、日本酒は「サケ」という呼び名で通じ、韓国産の焼酎などに比べ、割高にもかかわらず、人気だ。日本の土産としても喜ばれ、「久保田」など特定銘柄を求めるファンも多い

韓国紙、京郷新聞によると、2014年の日本酒の輸入量は3322トンで、05年と比べ、6倍に増加した

この日本酒人気を上回り、韓国で市民権を得ているのが日本産のビールだ

韓国農水産食品流通公社によると、昨年、韓国が輸入したビールのうち、アサヒやサッポロ、キリンなど日本産が全体の27%を占めた輸入量は、前年比約45%増の4万6244トンで、約10年間に30倍近い伸びをみせている

ビールの産地として有名なドイツやオランダ、ベルギーからの輸入量もはるかにしのいでいる

韓国には海外に出せる伝統酒ない」

日本酒や日本産ビールの人気を後押ししているのが空前の居酒屋人気だ

さまざま種類と味のつまみが少しずつ味わえる点が若い女性らに受け、「イジャカヤ」と呼ばれる日本様式の店舗が韓国の繁華街に乱立している状況だ

「ホプ」といった韓国スタイルのビアホールではスルメイカにピーナツといった定番のつまみしか出ないケースが少なくなかった

日本産の酒人気とくっきり明暗が別れたのが、韓国産の焼酎やマッコリの日本への輸出だ一時、日本でブームを呼んだマッコリの凋落(ちょうらく)ぶりは際だっており、韓国メディアによると、14年の日本への輸出額は、11年の5分の1以下に激減している

中央日報は、日本酒が海外で受け入れられ、グローバル化に成功した理由の一つとして「日本の酒は、日本料理とともに世界市場に進出し、シナジー効果を得ている」という日本の老舗酒造会社社長の意見を紹介している

韓国政府が「韓国料理のグローバル化」を掲げながら、韓国料理店の海外進出が振るわない原因については「韓国料理を普及させようとしただけで、韓国の食文化を外国人に伝えることができなかった」との専門家の分析を伝えた

韓国産の酒については「食文化には酒が欠かせないが韓国には海外に出せるほどの伝統酒もない」と一刀両断に切り捨てた

確かに韓国では、マッコリなどの「地酒」を洋酒などより低く見る風潮が長く続いてきた最近、地方の伝統酒を再生させようとする取り組みもみられるが100もの蔵元の酒を海外でずらり紹介できる隣国との歴史的な差は否みようがない

■震災復興イベントを中止に追い込んだ「論理」

活況を呈した日本の酒の試飲イベントだが、人気に水を差す動きもあった。

「フェスティバルに参加する7つの酒蔵が、福島原発事故後に韓国政府が放射能汚染地域として定めた地域で酒を生産している。汚染地域の米や水で作られた酒をPRするイベントは、市民の安全を考慮すれば適切でない」

韓国の「市民放射能監視センター」など11の市民団体がこう抗議し、開催中止を要求したのだ。

これら団体は、2月にソウル城東(ソンドン)区で予定されていた東日本大震災からの復興や日本の魅力をPRするイベントに対しても、「原発事故発生地の産品が配られる」と抗議。区が開催許可を出さず、開催当日になっての中止に追い込んでいた。

韓国政府は、こうした一部市民の声に押され、いまだに福島や青森、岩手、宮城、茨城、栃木、群馬、千葉の8県の全水産物の輸入を禁止し続けている

韓国社会では、“一見、もっともらしい正論”を振りかざす「声の大きい者」の主張の前で、その他大勢の意見が押さえ込まれてしまう風潮もある。

ここでは「放射能=悪」だという論理の単純化の下、そう決め付ける態度を、被災者はどう感じるかという想像力の多様性が失われている。

慰安婦問題でも見られたことだが、一部支援団体が「日本軍国主義=悪」の強硬姿勢を崩さず、日本との合意に基づく支援を受け入れたいと考える元慰安婦ら当事者の声まで封じ込まれる事態も起きている

■日本文化の「多様性」をさかなに一献

今回の試飲イベントでは、大使館が「提供される酒は正規の検疫手続きを経て輸入されたもの。安全性に問題はない」と理解を求め、無事、開催となった

日本産の酒に熱い視線が注がれるなか、難癖でしかない一部団体の抗議は、支持を広げることはなかった

 日本酒や日本など外国産のビールの人気について、韓国では「多様な味覚を求める消費者の変化の表れだ」との見方がある

居酒屋の多彩なつまみや、それに合わせた多種多様な日本の酒の人気は、味覚の面では、着実に日本の食文化の多様性が韓国社会に受け入れられていることを物語っている

その食を生み出した日本文化そのものの多様性のよさも同時に伝われば、被災地の産物輸入禁止問題だけに限らず、日韓の意思疎通の面でも、少しは風通しがよくなる気もする

酒は互いの心を開かせるものだし、隣国の若者らと杯を傾けながら、お国の「多様性」について語ってみるのもおつかもしれない。(桜井紀雄)

産経新聞2016.04.09

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】