日本郵政→10月にも3社株式上場?

日本郵政の西室泰三社長は26日の定例会見で、今秋に予定しているグループ3社の株式上場について、「本日の取締役会で6月30日に東京証券取引所に本申請を行うことを決めた」と述べ、日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険の3社が10月にも上場する可能性を示唆した

26日午前に開かれた自民党総務会で、ゆうちょ銀とかんぽ生命の限度額引き上げの提言が了承されたことについては、「自民党が決めたことは歓迎するが、制度改正が施行されるめどがたったわけではない」と述べた。その上で、上場時の目論見書は限度額規制が継続されることを前提に作成する方針を明らかにした。

民業圧迫に配慮した現行の限度額規制は、ゆうちょ銀が預金額1000万円まで、かんぽ生命は加入額が1300万円まで。自民党が決めた提言は、ゆうちょ銀の限度額を9月末までに2000万円、2年後に3000万円に引き上げ、将来は限度額自体を撤廃かんぽ生命の加入限度額も9月末までに2000万円にするよう求める

一方、総務省は26日、日本郵政が社外取締役として認可申請した、東芝常任顧問の村岡富美雄氏について、当分の間認可を留保すると発表した。東芝の不適切会計問題を考慮した。

参考 Sankei Biz 2015.06.27

 

【関連する記事】