日本茶、コーヒーでロシア市場を狙え

京都の茶製造やコーヒー卸などの企業がロシアに相次ぎ進出している紅茶の愛飲家が多いため、店舗展開や輸出を通じて販路を開拓する狙いがあり、巨大市場に熱い視線を注ぐ舞鶴港(舞鶴市)を経由するロシアとの定期便の運航開始を受け、京都府も進出を後押ししている
茶製造販売、舞妓の茶本舗(京田辺市)は年内にウラジオストクの高級スーパー向けに抹茶と玄米をブレンドしたティーバッグの輸出に乗り出すロシア語のホームページを設けて通信販売を行ってきたが、取引量の拡大を目指す
日本茶をアピールするため、抹茶を使ったチョコレートの菓子も合わせて販売する。田宮正康社長は「日本製品の安全性は現地でも有名で、少しずつ魅力を浸透させたい」と期待する。
コーヒー焙煎(ばいせん)卸の小川珈琲(京都市右京区)は、ウラジオストクのスーパーや喫茶店から依頼を受け、昨夏から豆の輸出を始めた。現地の取扱店で挽き方や抽出を指導中で「紅茶に代わるホットドリンクとして需要が見込める。極東を足がかりにシベリアにも進出したい」(総合開発部)と意気込む。
今春、サンクトペテルブルクに日本茶専門店を初めて開設したのは、福寿園(木津川市)。20~40代の若い客が多いのが日本との違いといい、「入れ方から丁寧に説明し、茶文化を根付かせたい」(広報担当)と話し、試飲販売に力を入れている
日本海の境港(鳥取県)から韓国、ロシアを結ぶ国際フェリーの航路が7月から舞鶴港に延伸した。このため府は9月にウラジオストクで日本の茶やコーヒー、食品などを扱う19社を集め、現地バイヤーとの商談会を開いた。府海外経済課の担当者は「反応は上々でバイヤーからの引き合いも多かった。今後も広がりを見せるはず」と手応えを示した

参考 京都新聞 2015.10.16

【関連する記事】