日本国旗を持って!→留学生が襲撃されない

「中国の民族政策と少数民族地域の状況が長期にわたり一部の西側メディアによって歪曲報道され少数の扇動分子が人心を惑わせる活動を活発化させたことにより、トルコで反中抗議事件が発生した」と報じた

記事は4日付AFP通信の報道を引用し、トルコの首都イスタンブールで「中国の少数民族への対応」に抗議するデモが発生し中国人と間違われた韓国人観光客が参加者から襲撃されたと伝えた

報道によると、数百人のデモ参加者が4日、人気観光地のトプカプ宮殿になだれ込み、中国人と間違われた韓国人観光客が襲撃されたほか、有名中華料理店も攻撃され、窓ガラスが割られた。店はトルコ人の経営だった。

このニュースについて中国のあるインターネット・ユーザーは、「中国で学ぶトルコ人留学生が、トルコにいる中国人に向けて『日本国旗を持っていれば安全だ!』とアドバイスしている」と紹介「日本国旗を持って!→留学生が襲撃されない日本国旗を持って!→留学生が襲撃されない日本国旗を持って!→留学生が襲撃されない日本国旗を持って!→留学生が襲撃されない日本国旗を持って!→留学生が襲撃されない日本国旗を持って!→留学生が襲撃されない日本国旗を持って!→留学生が襲撃されない言えば、命が助かるかもしれない」とつづった

このトルコ人留学生のアドバイスは中国人インターネット・ユーザーたちの間で物議を醸し、コメントが続々と集まった。

中国人に対する侮辱だ屈辱を受けても、トルコに行けなくても、日本国旗は出さない
ふざけんなよ! 行かなければいいんだ。なんで日本国旗なんか!?
死んでも日本人のフリなんかしない
日本人にバカにされるぞ
「トルコには行かない。行く必要がないし、行きたくもない。料理はマズイし」

「賢い中国人」
「こういう時、日本のいいところがわかったか?」
もう抗日しないのか?」
「ピンチの時、いつも日本国旗があれば命が助かる
まずは日本語をいくつか覚えることだな

参考 FOCUS ASIA .ism 2015.07.07

 

【関連する記事】