日本参加事業に中国進出→ミヤンマー

ミャンマー南部で進む日本とタイ、ミャンマーの3か国共同事業「ダウェイ経済特区」の開発で、中国が道路と港湾の整備に参加する方針をミャンマー側に伝えたことがわかった

関係者によると、数か月以内に合意する可能性もある浮上している整備計画は、日本などの計画と重複しており、巨大経済圏構想「一帯一路」を進める中国が触手を伸ばした形だ

開発を進めるタイの建設会社幹部によると、中国が提案しているのは、タイ国境からダウェイまでをつなぐ全長約130キロの4車線道路と、港湾施設の建設。総事業費は約275億バーツ(約900億円)に上るという

ダウェイを巡っては日本は2015年7月にミャンマー、タイと開発協力で合意し、覚書を交わした3年以内に開発計画を策定し、4車線道路の建設などを含めた本格的な開発に踏み出す予定だった

読売新聞  2016.03.13
  images-3-48-150x150images

【関連する記事】