日本信号→インドの鉄道市場に参入

日本信号は9月17日、インドで鉄道信号や交通情報システムなどを製造・販売する新会社を設立すると発表した

同社によると、インドと近隣諸国では国鉄の信号近代化や地下鉄の整備など、「旺盛なインフラ投資」が見込まれる。日本信号はこうした状況を背景に現地法人を設立し、「現地に根差したビジネス展開」を図るという。

現地法人の商号は「Nippon Signal India Private Limited(ニッポン・シグナル・インディア)」で、今年10月に資本金4億ルピーで設立。日本信号が99%出資し、残り1%は日信電子サービスが出資する

参考 《レスポンス レスポンス編集部》  2015.09.18

【関連する記事】