日本人は恐ろしすぎる→燃料電池車

中国の掲示板サイトに、「水素を動力とする自動車がやってきた!日本人は恐ろしすぎる」と題するスレッドが立った。

スレ主は、「中国政府は2012年に電気自動車『大躍進』計画を打ち出し、巨額の資金投入と政策によって計画実現を目指したが、いまだ電気自動車世界一の座を取ることができておらず、むしろ他国と差を広げられているトヨタは燃料電池自動車をリリースしたが、中国は燃料電池自動車分野ではまだほぼ白紙だ」と綴った

これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

計画経済で発展させようという思考である限り、永遠に人の後塵(こうじん)を拝することになる
燃料電池車なんて中国の庶民が買えるようなものではない。やはりわれわれには中国製の電気自動車の方がお似合いだ」

自動車のエネルギー革命はこんなにも早く進んでいるのか。中国はまだ電気動力の技術も把握しきれていないのに、小日本は水素動力が成熟段階にあるというのか?
「心配するな。数年後には燃料電池車のパクリを作っている。値段が高すぎる日本の水素自動車など成功するわけがない

水素は不安定で簡単に爆発する。それを動力にするなどあり得ない。そうしたら自動車爆弾なんて必要なくなるじゃないか。直接突っ込めばいい」
こんなものに将来性があるわけがない。完全に方向を誤っている。ガソリン車なら爆発しても命が助かる可能性があるが、水素が爆発したらそこが火葬場になるぞ」

images (6)

 

参考 Record China  2015.04.30

 

【関連する記事】