日本人のSEX→データで比較

 肌の色や言語が違うように、各国の性文化はさまざまだ。それぞれの「快楽」をしっかり頭に刻み込んでグローバル時代に備えるべきだろう。以下は、『デュレックス・セクシャル・ウェルビーイング・サーベイ2007』による、SEXデータ比較だ

○セックスの回数(年間の平均=回)
ギリシャ     164
ブラジル     145
ポーランド    143
ロシア      143
インド      130
メキシコ     123
スイス      123
ニュージーランド 122
中国       122
日本       48

○セックスの時間(平均時間=分)
ナイジェリア   24
ギリシャ     22・3
メキシコ     22・1
ブラジル     21・4
イタリア     20・4
南アフリカ    20
中国       19・9
オランダ     19・5
スイス      18・9
ポーランド    18・6
日本       16

○オーガズム(セックスで必ず絶頂に達すると答えた人=%)
イタリア     66
スペイン     66
メキシコ     66
南アフリカ    66
ブラジル     65
ギリシャ     64
ポーランド    61
オーストリア   60
アメリカ     59
オランダ     58
日本       27

日本は回数でいえば、ギリシャの29%で、快感に達する率でいえば、イタリアの41%にとどまっているのである。

参考 ※週刊ポスト2010年10月1日号

【関連する記事】