日本人が誇りに思う発明品

韓国・東亜日報は、最近、日本で実施された発明品に関するアンケート調査の結果を伝えた

日本は世界的な発明品を数多く創り出しており、心電図検査機器、電気炊飯器、DSLRカメラ、CDプレーヤー、ブルーレイディスク、各種ゲーム機など、現代人の生活に必要な製品ばかりだ。先日、日本で行われた500人を対象にしたアンケート調査によると、「誇りに思う発明品」に57%の人が「インスタントラーメン」を挙げた。次いで2位に、ノーベル物理学賞を受賞した中村修二氏が開発した「青色発光ダイオード(LED)」(41.4%)3位に「温水洗浄便座」(36.8%)が入った。以下、「自動改札機」(27.2%)、「カラオケ」(25%)、6位「レトルトカレー」(21.2%)、「乾電池」と「電気炊飯器」(21%)、「胃カメラ」(20%)、「シャープペンシル」(19.6%)、「消せるボールペン」(19.6%)などとなった。

この結果を受け、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

1位がインスタントラーメンとは意外
インスタントラーメンは人類の食文化に偉大な発展をもたらした!
「インスタントラーメンの発明は人類を飢えから解放してくれた。功労認定!

「確かにすごい。韓国は『コレ』っていう発明品がほとんどない」
「いや、韓国には牛乳パックがあるよ!」
「日本のすべての発明品を合わせても勝てないもの。私たちの発明品『ハングル』。誇らしい」

「本当にすごいね。カラオケ、シャープペンシル、乾電池も?
「日本は明治維新以降に急成長し、人々も発想も優れている。それに比べ韓国は朝鮮時代から事大主義が蔓延し、貧富の差もすごいから目上の人に自分の考えを言うこと自体が容認されていない

参考 Record China  2015.07.18

 

【関連する記事】