日本一長寿長野県→菌類を食べる

厚生労働省の2010年の発表によると、47都道府県の中で人々の平均寿命が最も長かったのは、男女ともに長野県でした健康や長寿に直結する身近な習慣と言えば、何と言っても「食生活」。今回、各都道府県と長野県民の食生活を調査したところ、ある傾向が見えてきました。

菌類をよく食べる長野県の人々

総合マーケティング支援企業の株式会社ネオマーケティングでは、2015年5月1日(金)~12日(火)の12日間、全国の20歳以上の男女を対象に「食生活からみる長寿に関する調査」を実施。各都道府県の男女3200名にアンケートを実施し、各地域と長野県の傾向を比較しました。中でも目を引くのが、「あなたは肉類・魚類・穀物類・菌類の食べ物をどのくらいの頻度で食べていますか?」という質問に対する回答

【肉類】
長野県:27.3% その他の都道府県:23.3%

【魚類】
長野県:26.3% その他の都道府県:19.2%

【穀物類】
長野県:91.3% その他の都道府県:88.4%

【菌類】
長野県:53.3% その他の都道府県:40.2%

子供の頃から菌類の摂取が習慣化

肉類・魚類・穀物類・菌類を毎日食べている頻度を見ると、長野県の人はいずれも平均を上回っていますが、突出しているのが「菌類」。ここで言う菌類とはきのこ類や発酵食品のことで、長野県では半数以上が毎日菌類を摂取していると回答しています。また、「あなたはいつ頃から「菌類」を摂る食生活を送っていますか?」という質問に対する回答にも特徴が見られます。「子供の頃から」と答えた人の全国平均が55.5%に対し、長野県は70.1%と、早い段階から多くの人が菌類を摂る習慣を持っているようです

◆意識することなく菌類を食べている

ちなみに、「あなたは普段の食生活で、積極的に「菌類の食品」を取り入れることを意識していますか?」という質問に対しては、長野県は、「強く意識している」と「ある程度意識している」を合わせて54.0%だったのに対して、その他46都道府県は48.2%となり、あまり差がないことがわかりました。長野県の人は、特に意識することなく、普段から菌類をよく食べていることがわかりますね。続いて、「あなたは「きのこ類」・「チーズ」・「納豆」をどのくらいの頻度で食べますか?」という質問に対して、それぞれの食品を「毎日(1日に1回以上)食べている」と答えた人の割合は、次のような結果となりました。

【きのこ類】
長野県:20.0% その他の都道府県:11.7%

【チーズ】
長野県:14.8% その他の都道府県:12.4%

【納豆】
長野県:29.3% その他の都道府県:22.5%

きのこ類・チーズ・納豆のいずれも、長野県がその他都道府県を上回っており、特にきのこ類と納豆をよく食べていることがわかります。健康で長生きする秘訣は、きのこ類や発酵食品をよく摂取する食習慣と関係がありそうです。昨今では、そうした菌類を意識的に摂取する「菌活」という言葉をよく耳にしますが、この菌活の重要性が、この調査によって証明されたと言えるかもしれませんね。

参考 mocosuku woman  2015.06.07

【関連する記事】