日本を抜いたんじゃなかったの! →中国

中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で100万人以上のフォロワーを有する中国のネットユーザーが28日、電力会社に対する不満をぶちまけたところ、多くのユーザーの注目を集めた。

このユーザーは、山西省臨猗県の電力会社に対して「毎日停電するってどういうことだ?」と批判。「電気代を払っていないとでも言うのか?思いのままに電気を止めたり流したりしやがって、独占っていうのは本当に大したもんだな。今はハイテク、ITの時代なのに、ろうそくに火を灯してメッセンジャーで遊んでるって、いったいどういうことだよ!

中国は日本を抜いて世界第2の経済大国になったんじゃないのか?監視グループを立ち上げて、電気代がどこに消えているのかを調査するよう求める!」とまくし立てた。

以下は、ツイートを見た一部ユーザーによるコメントだ。

中国の電力は世界で一番だ!(ははは)

ろうそくを点けて携帯電話をいじるというのは、中国ならではのスタイルだ!

いつの時代だよ、夜に停電するって。ここまで立ち遅れているとはな! 経済的に遅れているのか、思想が遅れているのか?

「今は、1分間の停電でも耐えられないんだ」

競争がなければ活力はない。だからこそ電力会社はこんなに非常識なのだ!

「不満を並べていても、これほどユーモアがあるとは!」

「独占企業というのは実にいやらしい!」

「実家では半年以上停電しているというのに、誰も管理してくれない」

参考 FOCUS ASIA.COM 2015.01.01

【関連する記事】