日本は中国文化が残る先進国

中国メディアの新京報は7日、中国人観光客の渡航先のうち日本の人気が高まっていると伝え、花見のシーズンを迎えた日本の一部のホテルでは大量の中国人が宿泊したことで稼働率が急激に高まったと報じた

東京・上野公園は花見スポットとして有名だが、記事はビジネスホテルを中心とした上野の宿泊施設はどこも予約できない状況になったと伝え、「なぜこれほど訪日旅行が人気になったのか」と疑問を投げかけた

続けて、日本で桜が咲くシーズンはちょうど中国では先祖のお墓参りをする「清明節」休暇にあたると紹介し、「休暇と桜のシーズンが重なる以上、訪日旅行が盛り上がるのも当然」と論じた

続けて、「客観的に言えば日本は世界の先進国であり、同時に中国文化をはじめとする古き良き伝統や文化を保存していある国」と紹介し、そのうえ豊富な観光資源を持つ日本は「中国の観光客にとって魅力的な国」だと指摘した

さらに記事は、円安で旅行コストが低下したこと、査証発給要件が緩和されたことなども日本を訪れる中国人観光客が増えている理由だとしたほか、「中国人が初めての出国先に選ぶタイやシンガポール、マレーシアなどへの観光需要はすでに一巡した」とし、そのため日本が近年、人気が高まっていると論じた

参考 サーチナ 2015.04.07

【関連する記事】