日本の1人当りGDP→世界19位に低下

内閣府は25日、ドル換算した2013年の国民1人当たりの名目GDP(国内総生産)について、日本は経済協力開発機構(OECD)加盟34カ国中、19位だったと発表した

円安進行に伴い、ドルベースでの金額が縮小し、12年の13位から大きく順位を落とした

日本は前年比17.2%減の3万8644ドルだった。13年の平均為替レートは1ドル=97円63銭(12年79円81銭)と、円安が急激に進んだことが影響した

1~3位はルクセンブルク、ノルウェー、スイスの順で、主要国では米国が7位、ドイツが15位だった

名目GDP総額では日本は17.3%減の4兆9207億ドル米国(16兆7681億ドル)中国(9兆1811億ドル、OECD非加盟)に次ぐ3位で、前年と同じだった。

ただ、世界のGDP総額に占める割合は6.5%と、前年比1.5ポイント低下した。

参考 時事通信 2014.12.25

【関連する記事】