日本の軍事力は中国に匹敵

韓国・ノーカットニュースは安保法案が成立し、戦争ができる普通の国になった日本の軍事力を分析した

経済力世界3位の日本は、軍備費417億ドル(約5兆円)、正規兵力22万人、艦艇137隻、航空機410機、戦車300両、火砲300門に加え、プルトニウムも47トン以上を保有している

日本の軍事力は核兵力を除外した50余りの項目評価を総合すると世界9位の水準だ。しかし、先端武器など、戦力の質を考慮すると、軍事力は世界3位の中国に匹敵するという評価もある

ノーカットニュースは、このような日本が19日の安保法案成立によって戦争ができる普通の国になったとし、韓国は日米韓軍事同盟と中国との狭間でより難しい立場に立たされることになると指摘した

この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

戦争は最終的には地上軍の戦いだ。日本の軍事力がいくら先端化されていても地上軍は韓国軍に比べ劣勢だ。さらに韓国は予備軍の民間防衛戦力がすぐに補充戦力として活用できる日韓が争うことになっても日本は韓国には勝てない」
日本が軍事力を増強する中韓国は防衛産業の不正が後を絶たない。実際に戦争が起こったら拳銃1丁もまともに動作しないんじゃないか?

「韓国は軍事費削減+防衛産業不正」
「戦時作戦統制権(朝鮮半島有事の際に作戦を指揮する権限)もないのに、南北が戦闘状態になった時に、自衛隊を朝鮮半島に進軍させるよう米国が日本に要求したら、どんな名目でそれを防ぐことができるのだ?自衛隊がこんなに強力な軍隊だったら米軍も要求するだろう

「自衛隊が朝鮮半島に入ってきたら、韓国側の対応としては、男性は強制労働の準備を、女性は慰安婦になる準備をせねばならないな」
今まで正式な軍隊がなかったにもかかわらず中国と同じような軍事力があるとは。正式な軍隊になったら、どういうことになるんだ?日本のすごさを認めざるを得ないな

「韓国も先端兵器の開発を進めなければならない」
「それで、こんな日本にどう対応するんだ?」
日本はこれまで米国という傘の中で安住してきたが、さてこれからどうなるかな
「安保法案成立で、憲法を盾に国際紛争に直接介入していなかった日本の知恵が消えた。日本はその軍事力を持って戦乱の中に巻き込まれる

参考 Record China 015.09.24

 

【関連する記事】