日本の謝罪が韓国の何の利益になるのか?

韓国与党セヌリ党の李仁済(イ・インジェ)最高委員は23日、韓日関係と関連して今や韓国はもっと大らかな姿勢で過去問題は過去問題で一貫性を保って扱いつつも、現在と未来の問題についてはもっと戦略的柔軟性を発揮すべき時」と述べた。

李最高委員は同日国会で開かれた党最高委員会議で、「現在と未来の問題まで歴史の中に埋没させることを少し見直すべき時期が来た」と明らかにした。

李最高委員は「過去の侵略戦争や植民支配に対して日本がおわびをして措置することが、実際、韓国にとって何か大きな利益をもたらすのか」としながら「外交の絶対的目標は国家利益だ」と伝えた。

参考 中央日報  2015.04.23

【関連する記事】