日本の観光客急減→韓国の高級ホテル悲鳴

韓国・朝鮮日報によると、日本人観光客が急減し、業績不振に悩む韓国の高級ホテルの間で、激しい客の奪い合いが生じている

韓国のホテルチェーン最大手、ホテルロッテの昨年の営業利益は243億ウォン(約27億円)で、2012年(447億ウォン)と比べて約半分に減少した。また、ホテル新羅の昨年の営業損益(ホテル事業)は206億ウォンの赤字。ウォーカーヒルの昨年の純利益はわずか1200万ウォン、新世界朝鮮ホテルの昨年の営業利益(ホテル部門)は前年の半分以下に減少した業績不振の最大の理由は、高級ホテル業界の主な収益源だった日本人観光客の減少だ

宿泊客を獲得するため、高級ホテル同士での激しい客の争奪戦が生じている。インターネット上のホテル割引予約サイトでは、5つ星ホテルの客室も販売されるようになった。また別のホテル予約サイトでは、新羅ホテルやウェスティン朝鮮ホテルなど、高級ホテルの宿泊料が通常より約50%安い価格に設定されていた

漢陽大のイ・フン教授は「高級ホテルの成長を安定させるためには、日本人や中国人に依存せず、病院と連携した医療観光(メディカル・ツーリズム)を活性化させ、東南アジアや中東などの顧客を獲得しなければならない」と指摘した。

これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

元々の値段が高過ぎただけ!割引後の価格が正常な価格だ
韓国の反日感情と日本の反韓感情は、ほぼ同じレベルになった今後、日韓関係が改善することはなさそうだ

韓国の高級ホテルは値段とサービスが釣り合っていない
「なんだかんだ言っても、韓国で一番お金を使ってくれるのは日本人観光客韓国の経済のためにも日韓関係を改善させるべき
「日本人観光客減少の原因は円安だけではない。日本人が韓国に来ても楽しくないでしょ…。街には中国語が飛び交い、お客様扱いをしてもらえないんだから」

安くても韓国の高級ホテルより良いサービスを提供する日本のホテルを見習え
日本旅行よりも韓国旅行の方が安くてお得!という時代は終わってしまったようだ
こんな状況なのに、韓国人は次々と高級ホテルを建設している…」

参考 REcord China 2015.04.28

 

【関連する記事】