日本の自動車メーカー中国で「多くの利益」

中国汽車(自動車)協会が発表した最新の統計データによると、6月、中国における自動車生産・販売台数は、いずれも減少しただが、このような状況にあっても、日本の在中自動車メーカー各社は、中国で「多くの利益」を手中に収めている日本のメディアは、「日本のメーカーが儲けている秘密は、カーディーラーが新車を1台売った時のバックマージン率が、中国の場合、日本や米国のディーラーよりはるかに低いことによる」と報じている。この報道の真偽について、日本のメーカー数社からは、軒並み、「本件は、企業秘密のためお答えできません」という答えが返ってきた。環球時報が伝えた。

日経中文網の13日付報道によると、日本の自動車メーカーのうち、在中販売台数トップは日産自動車で、中国における2014年度(2014年4月-2015年3月)利益額は約1300億円に達した。報道では、日本のメーカーが大きな利益を得ている背景には、カーディーラーに対するバックマージンの違いがあると指摘している割引が一切なく定価で販売されているという仮定で、販売価格150万円の新車を売った場合、日本のディーラーは、販売価格の約20%をバックマージンとして受け取る米国のディーラーなら、7%から8%だ。ところが、中国のディーラーへのバックマージンは、わずか5%ほどしかない。その原因を突き詰めていくと、メーカーが中国市場で強い立場にあることが分かった。製品の市場での売れ行きに関係なく、メーカーはディーラーに製品を卸した時点で、利益を確保することができる

自動車業界の専門家は13日、「報道で取り上げられたバックマージン率と実情には、ほとんど違いはない。中国のディーラーに対するバックマージン率は大体3%から5%と、他国に比べ非常に低い。このため、中国のカーディーラーは、見るに堪えないほど悲惨な状況にあり、半数以上は赤字経営だ。このような状況を招いた根本的な原因は、自動車メーカーが絶対的な発言権を持っていることにある

参考 Record China 2015.07.17

 

【関連する記事】