日本の空手道のルーツ

空手は、江戸の幕がおりてから、つまり、文明開化の近代になってから生まれました。

沖縄にルーツを持つ空手道は、日本の武道にあって異例の出自をもっています。

本土で発展をとげた「空手道」と、その源流となった沖縄の「唐手術」とは明らかな差異がありました。

沖縄の伝統古武術であった「唐手」は、字のごとく、源流を交易関係のあった中国大陸東側、沿岸地方の武術に探すことができます。

一般的に「唐手」と総称されていたようですが、沖縄本島の地名をとった「首里手」、「泊手」、「那覇手」といった三大流派を中心に、それこそ江戸期、琉球王朝の時。

その年代に本土で盛んであった剣術のように、無数の道場が存在したと思われます。

ただ、いずれもが、敵を想定した「形」の取得が鍛錬の主眼であり、それ自体が学びの到達点であったことでは共通しています。つまり、「形」にはじまり「形」に終わる。

1939年昭和(14年)ころには、「唐手」ではなく「空手道」という名称が一般的になりつつありました。

上京され、近代空手道の原型をつくられたのは沖縄出身の船越義珍先生。

本州の大学ではじめて空手道部を発足させたのは、幕末から新進の伝統を誇る慶応大学でした。

船越先生上京の翌々年、1924年(大正13年)秋のことで、学校承認のもと船越先生が「唐手研究会」師範として招かれました。

その翌年には師範をお勤めになっている。

また、その翌年には東京帝国大学に「唐手研究会」が起こり、やはり、船越先生が師範をおつとめになった。

以降、ほうぼうの大学に波紋がひろがり、交歓稽古などもさかんになっていくにつれ大学間のネットワークができてゆきました。

参考

変わる力 変える力

著者 香川政夫

発刊 株式会社 廣済堂出版

【関連する記事】