日本の桜が好きなのはどこの人

旅行検索サイトのスカイスキャナーは、同社のサイトやアプリを通じたフライト検索をもとに、花見の季節に日本へ行くための航空券検索をした外国人観光客の国別比較を行なった。その結果、今年は台湾、香港、タイの順で多くの観光客が訪れる見込みであることが明らかになった

桜の開花(あるいは予定日)の週とその翌週に東京と大阪の各空港に乗り入れる航空券を検索した外国人観光客を2014年と2015年で比較したところ、近隣国である台湾や香港、タイ、韓国、シンガポールがいずれの年にも上位10位までに入っているヨーロッパでの人気も高く、2014年にイギリスは3位、2015年は4位となっており、イタリアからの検索数も2年続けて10位内にランクインしている

また、2015年の上位5か国のうち、スカイスキャナー経由で航空券検索をした訪日予定の外国人数(訪日予定者を含む)を過去1年間の月ごとに比較したところ、特に3月や4月の桜の季節に日本を旅行するために航空券検索する人が多いのは、香港、イギリス、タイ、台湾であることがわかった

スカイスキャナー日本代表の春山佳久氏は、この分析結果について以下のようにコメントしている。

日本の伝統行事や季節のイベントがウェブサイトやソーシャルネットワークを通じて外国人にかなり浸透してきています。桜の開花といった見頃の予想が難しいイベントも早めに情報を入手することが可能になっており、今後もこのようなイベントにあわせた来訪者が増えていくと思います。弊社でも、各国のサイトに日本旅行を促進するような記事や情報を増やしていく方針です

2014年の3月と4月には前年比約30%増の計230万人近くの旅行者が海外から日本を訪れており、今年も多くの観光客が日本の花見を楽しむことが予想される

参考 @DIME編集部 2015.03.29

【関連する記事】