日本の晩婚化が進むワケ

日本人の初婚年齢は年々高くなっており、男性は2006年に平均初婚年齢が30歳を突破。女性は2011年に29歳を超えています。一方、1970年代の初婚年齢は男性が27歳台、女性が24歳台。結婚年齢が上がっているのは男女とも同じですが、特に女性はその上がり方が急で、この40年ほどで5歳近く上昇しています

初婚年齢は年々上昇している
この背景には女性の社会進出があります。1960~1970年代には男女ともに大学進学率が急上昇しました。また、1972年には、後に男女雇用機会均等法に改められる勤労婦人福祉法が制定されています。男女の進学率や就職率が近づくことによって、初婚年齢の男女差が小さくなってきたのです。さらには、高度経済成長の時代が終わり、「夫が妻を養う」という従来の結婚スタイルが成り立たなくなってきました。女性が経済的に自立する必要性、つまり働き続ける必要性が出てきたことで、当然の成りゆきとして初婚年齢が上がっていったわけです

大人婚のメリットとは
そんな中で、最近増えているのが「大人婚」です。厳密な定義はありませんが、35歳以上のカップルの結婚を指します。晩婚という言葉よりもポジティブな意味で使われることが多いようです。社会的にも経済的にも安定しており、また仕事でもある程度実績を築いた年代と言えます。日本人の結婚は伝統的に、男性のほうが女性よりも学歴や年収が高いケースが一般的でした。しかし、大人婚の場合は女性のほうが年齢や収入などが高いケースも少なくないようです。そういう意味では、女性にとって大人婚は、パートナー選びの自由度がより高い結婚と言うことができます

必然的に生まれた「婚活」と「大人婚」
日本の社会情勢を考えた場合、晩婚化が進むのは自然なことです。初婚の年齢が上がるということは、結婚に対して真剣に考え始める年齢も上がっていることを意味します30歳前後の、いわゆるアラサーの年代になってようやく結婚を意識し始める人も少なくありません。若い頃は黙っていても合コンなどの誘いがあった人でも、年齢が上がると自ら行動する必要が出てきます。結婚相談所や婚活パーティー、合コンなどを積極的に利用して、理想のパートナーを見つける必要があるのです

近年になって「婚活」や「大人婚」という言葉が浸透してきたのは、結婚取り巻く状況が変化してきたことを誰もが認識するようになったからではないでしょうか

参考 Mocosuku編集部 2014.12.18

【関連する記事】