日本の新幹線は中国との競争に勝てない

中国共産党機関紙、人民日報系の国際情報紙、環球時報は「日本の新幹線は中国との競争に勝てない」とする記事を掲載した。10日付で人民網が伝えた。

日本に勝ち目はないとする理由について、筆者は▽コストの高さ▽少子高齢化による人材不足、を挙げた中国の建設コストは、日本より3分の1も安い。日本が海外で建設した唯一の高速鉄道である台湾高速鉄道は年内にも破産宣告をするとみられるが、これも建設コストが高すぎたことが大きな要因と考えられている

日本は少子高齢化による人材不足が深刻だ中国の企業は20代の優秀な人材をアフリカ各地に派遣して大規模建設工事を請け負っている欧米は「中国は現地の人材を雇わず、中国から大量に労働者を連れて行く」と批判しているが現地の政治家は「現地労働者に教えながら10年かけて完成させるより、中国人労働者に任せて3年以内に完成させる方がよいことを分かっている」と記事は指摘した

参考 FOUCUS ASIA 2015.04.11

 

【関連する記事】