日本の嫌韓感情を分析

韓国・聯合ニュースによると、「知韓派」として知られる小倉紀蔵京都大教授が、日本の嫌韓感情について「原因は強まる中韓関係だ」と分析した

小倉教授は同日、ソウル大日本研究所が開催したセミナーで、「日本の嫌韓派が何を主張しているのか」をテーマに講演を行い、「『友人』であった韓国が、日本を捨て中国の方へ行ってしまったという失望感が日本の嫌韓感情を作った」と指摘

また、李明博(イ・ミョンバク)前大統領の竹島訪問や天皇への謝罪要求が、嫌韓感情を一般の日本人にまで広めるきっかけになったと分析した

これを受け、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「日本の駄目なところはただ一つ。国民に間違った歴史を教えていること」
日本政府は嫌いだけど、製品や国民性は中国よりも日本の方が断然いい
韓国がいつ日本の友人になった?

正直、日本と貿易しても、韓国が損するだけ。日本が韓国の車や携帯、タイヤを買ってくれる?買うのは韓国のりくらいでしょ?日本とは関わらないのが一番だ
参考 Record China 2014.11.26

 

【関連する記事】