日本のイチゴは農薬・肥料まみれ

甘酸っぱい香りと愛らしい見た目から人気の高いイチゴだがその素顔は数ある農作物のなかでも農薬の使用頻度が高く、清新なイメージとはかけ離れた「不健康」そのものなのは既報の通りだ

そんな中、「不可能」と言われ続けてきたイチゴの無農薬・無肥料栽培(自然栽培)に挑む30代の夫婦がいる。愛知県豊田市の自然栽培農家、野中慎吾・浩美さんだ。8シーズン目の今季、苗からすべて無肥料・無農薬でイチゴを大規模栽培するめどがついたという

ダウンロード (1)

手ごろな値段で、安心・安全なイチゴを誰もが買えるように

採りたての、艶のあるイチゴを1粒ごちそうになった。赤い実を一口かじると、えぐ味のないすっきりとした甘みが口の中に広がる

「普通のイチゴは暖かくなると傷みやすいんです。でも、うちのイチゴは強い。赤く色づいてもまったく傷んでこないんです。生命力が強くて元気なんですね

野中さん自慢のイチゴは、果肉がぎっしり詰まっていた

「子どもたちに人気があって、一度食べた子どもがお母さんにねだって買っていくようです。栽培を始めたころは、スーパーの店頭に立ってお客さんに売り込みました。値段で選ぶお客さんが多くて苦戦続きでしたが、地元で作られた地産地消のイチゴだと知って、興味を持ってくれる人が増えたんです

徐々にそのイチゴはファンを増やしていった。アトピーなど化学物質過敏症の子どもを持つ親や、妊娠中の母親たちが好んで買っていくようになったという。野中さん自身も、最近まで揚げ油でアレルギー症状を覚え、食事の制約を強いられていた。そのため、「身体の弱い子どもたちが安心して食べられるイチゴをなんとしても作りたい」という思いを人一倍抱いていた

野中夫妻の作るイチゴのすごさは「無肥料・無農薬で味が良い」というだけではない。

「希少な高級品」としてではなく、スーパーで売っているほかのイチゴと変わらない買いやすい価格(時期によって変動)で、「安定供給」できているところにある

お金に余裕がある人だけでなく、誰もが安心・安全なイチゴを買えるようにしたいと思っています」(野中さん)

◆有機栽培は、有機物があり余っている世界でしか通用しない

ここに至るまでの道のりは平坦ではなかった。無謀と言われた自然栽培へ野中さんを向かわせたものは何だったのか。

それには、かつて働いていた国際NGOでの体験が大きく影響していた。25歳のとき、野中さんは志願してフィリピンの山岳地帯の少数民族の村に出向いた

「子どもたちに野菜づくりを教えて生きていくすべを身につけてもらいたい。そう考えて畑づくりから始めました。だが、山肌の畑は岩だらけ。クワでたたき割り腐葉土を運び入れました。腐葉土といっても落葉くらいしか集められず、日本で学んだ有機栽培を展開できる状況ではありませんでした有機栽培は日本のように有機物があり余っている世界でしか通用しない栽培法だと思い知らされたんです

フィリピンでは米ぬかはブタのエサ、鶏のフンも魚のエサになって高値で売買されるため、有機肥料に使える材料はほとんどなかった。野中さんは国情の違いを痛感させられたという。この体験から、農業資材に乏しい発展途上国で通用するような、だれがどこでやってもできる栽培法の確立を目指すことを決意した

イチゴも本来の旬(4~6月)を守って露地でつくればラクにできる。しかし、旬をずらしたビニールハウスの中で、無肥料・無農薬でできたら勇気づけられるじゃないですか。イチゴでそれができるなら、ほかの野菜もすべて自然栽培でできることになる」

まるで町医者が患者を1人ひとりみるように野中さんはイチゴと接し、そのときどきの状態にあわせてまく水の量を決め、イチゴの管理につとめる。リンゴ農家で自然栽培農法の第一人者・木村秋則さんがよく口にする「私の目が農薬であり、肥料なんです」という言葉と同じく、野中さんも徹底して株の状態を観察し、臨機応変に世話を施す

◆「イチゴ本来の味がする」木村秋則さんも絶賛

「赤いのあるよっ。これすごいでしょ」

1月下旬、野中さんのイチゴハウスに立ち寄った木村さんは、大粒のイチゴを目にしてひときわ大きな感嘆の声をあげた。木村さんは野中さんが自然栽培に挑戦する姿を、機会があるごとに見守り、励ましてきた。

野中から一通り説明を聞いた木村さんは、摘みたての完熟イチゴにかぶりついた。

「なんかもったいなくて……なにも言うことなし。あっ、うまい」

ハウスを後にする直前、木村さんは野中をねぎらった。

「すごいの。(イチゴの)艶が違うのよ。なぁ、よくここまでやってくれた!

◆常識を超え、「バカ」になることで新たな発見がある

その後豊田市内で開かれた講演会で、木村さんは野中さんの“甘熟いちご”の感想をこう漏らした

イチゴというよりも、スモモの熟した感じの甘みがあった。(スーパーで売られている)一般のイチゴは正直いってすっぱい。それが当たり前だと思っている方が多いと思うんだけど、それは違うんです! イチゴの本当の甘さが野中さんのつくったイチゴに出ているなぁと思いました

そして最後にこう付け加えた。

「(常識を超えて)バカになることはすごく難しい。周辺のことや仲間のことを考えないとならないので。でもそれを超えてバカになってみる。野中さんはイチゴづくりで(農薬や肥料を捨てて)バカになったわけです。だからいろんなことが見えてきたんです。いま自分が置かれている状況にとことんバカになって取り組んだら、すばらしい人生がその先にあるのではないかと思っております

<文/田中裕司(ノンフィクションライター)>

たなかひろし●著書に『希望のイチゴ~最難関の無農薬・無肥料栽培に挑む~』など)

ハーバー・ビジネス・オンライン

HARBOR BUSINESS Online 2016.04.11

 images-3-48-150x150images

【関連する記事】