日本と外国の滝の違いを紹介

中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で358万人以上のフォロワーを持つ中国のネットユーザーが10日、日本の滝と外国の滝との違いについて紹介したところ、多くのネットユーザーが注目し、コメントを残した。

ツイートの内容は、杉本博司氏の『苔のむすまで』からピックアップしたもの。Q&A形式になっており、「日本の滝と外国の滝の違いは何ですか?」との問いには「日本の滝には自殺者へのメッセージが立っています」との答えが、「何が書いてあるのですか?」には「「あなたのご両親がどれだけ悲しむか、もう一度よく考えてください」との答えが、「ほかに何が書いてありますか?」には「『自殺することであらゆる人に迷惑がかかります』と書かれています。この2つのメッセージが、日本人にはもっとも有効なのです」との答えが付されていた。

以下は、ツイートを読んだネットユーザーの感想だ。

実に責任感のある民族だ

「こんなニュースを聞いたことがあるような気がする。日本の自殺率は本当に高い

日本人は本当に自殺好きだ! 危険な場所にはどこにでもこんな警告が書かれている!」

日本が好きだ

死んでもなお他人に迷惑をかけてはいけないのだ

日本人の自殺って切腹ではないのか

「2つ目のメッセージが中国に書いてあったら、より自殺を急がせそう」

恐るべし日本

「中国では、このような場所には『むやみにゴミを捨てるな』って書いてある」

「もうすぐ自殺する人をこんなにまで相手にして、どうするんだ」

参考 FOCUS AIA.COM  2014.12.11

 

【関連する記事】