日本とブラジルの食肉貿易事情

加熱処理牛肉輸入は2015年12月に解禁

ブラジル産食肉の競争力食肉はブラジルを代表する輸出農産品である世界の食肉輸出量の中で高いシェアを誇っており、全体としてブラジルは世界でトップの食肉輸出国と言える(※下記データ参照)。

このように、食肉が高い競争力を持つにいたったのには二つの要因がある。

第一は、大豆とトウモロコシの生産量が国内で飛躍的に伸び、家畜用に安い飼料を利用できるようになったことだ。この点を見込んで、米国タイソンフーズがブラジルへ進出してきているほどである

第二はパッカーと呼ばれる民族資本の世界的な食肉加工企業が発達したことだ代表となるのがJBSと BRF(ブラジル・フーズ)の2社で、両社とも米国を含め国際的なM&Aを展開し、100カ国以上に製品を輸出している

JBSは1953年に設立され、2007年には米国スイフト社を買収し、タイソンフーズを抜き、世界最大の食肉メーカーになった牛肉が中心の会社だったが、ピルグリムズ・プライド(米国)を買収するなど、鶏肉部門にも積極的に進出している

BRFは2009年にブラジル国内鶏肉パッカー1位のペルジゴン(Perdigão)社と2位のサジア(Sadia)社が合併して誕生したブラジル最大の鶏肉パッカーである同社も世界展開をしているが、近年はアブダビに工場を建設するなど中東への進出を重視し、更にタイやインドネシアでも M&Aを実施している

これらの大規模パッカーは豊富な資金力と高い技術力で低い生産費を実現している

ブラジルが世界一の食肉輸出国とすれば、日本は世界一の食肉輸入国と言えるかもしれない(※下記データ参照)。鶏肉と豚肉が世界一、牛肉は 3 位の輸入国だ。しかし、日本市場で鶏肉以外はブラジルのシェアはほとんど無い(次ページへつづく)。

※「食肉貿易の日伯比較(数量ベース、2014 年)」資料:USDA, Livestock and Poultry: World Markets and Trade, October 2015

<プラジルの食肉輸出(シェア/順位)>
牛肉 19.1% 2位
豚肉  8.1% 4位
鶏肉 34.0% 1位

<日本の食肉輸入(シェア/順位)>
牛肉  9.4% 3位
豚肉 20.9% 1位
鶏肉 10.0% 1位

2015年の日本の輸入(速報値)をみると牛肉はオーストラリアと米国の上位2カ国で92%に達してる豚肉は米国、カナダ、デンマークの上位3カ国からの輸入が全体の68%になる

世界で高い輸出シェアを持つブラジルの牛肉と豚肉が日本でほとんど輸入されていないのは、ブラジル国内での口蹄疫の発生を理由として、サンタカタリーナ州産の豚肉を例外として、日本が生鮮肉の輸入を禁止しているためである

牛肉に関しては、過去にBSE 感染牛の存在が確認されたため、2012年12月から加熱処理した肉も禁止していたが 2015年12月に解禁している

ただし、牛丼チェーン店の「すき家」を展開しているゼンショーホールディングスが米国産牛肉をブラジルJBSの子会社である米国スイフト社から購入しているように、「ブラジル産の牛肉」ではないものの、実質的には「ブラジル資本の牛肉会社」から輸入されている例がある

JBS もこの点は割り切っていて、日本にはブラジルから直接輸出できなくても、米国やオーストラリアの子会社から輸出できれば良いと考えているようだ

これに対して、ブラジルの鶏肉は日本の輸入量 53 万トンうち41万トンを占め、シェアが1位(77%)と日本市場において存在感を発揮している

この背景には、2004年に中国とタイで鶏インフルエンザが発生し、生鮮肉の輸入が途絶えた時にブラジル産鶏肉が間隙を埋め、以後シェアを拡大してきた事実がある

しかし、これをもって輸入鶏肉市場でブラジルが1位と考えるのは早計だ。

なぜなら、タイと中国は鶏肉を加工した調整品の輸出にシフトし、輸入を解禁された後も生鮮肉の輸出に重きを置いていないからだ

2015 年に日本は鶏肉調整品を41万トン(2285 億円)輸入している。数量ベースでは生鮮鶏肉に及ばな
いが、金額では鶏肉の 1584億円を上回り、単価の高い商品である調整品は数量ベースでタイから全体の57%、中国から42%を輸入しており、この二カ国でほぼ全量を占めている

日本の居酒屋チェーンも食材の鶏肉を輸入調整品に依存している場合が多い。2013年にタイは生鮮鶏肉の輸入禁止を解除されたが、生鮮鶏肉の分野でブラジル産といまさら安値競争をするつもりはなく、今後とも付加価値の高い調整品の輸出に注力していくことであろう

(文/清水純一、記事提供/「ブラジル特報」日本ブラジル中央協会)

MEGABRASIL  2016.03.04
 images (3)images

【関連する記事】