日本という国をどれだけ理解している

中国のあるインターネット・ユーザーが最近、同国のネット掲示板に「みんなはどんな形で日本という国を理解し、知っている?」と問うスレッドを立ち上げ、多くのコメントが集まった。

回答で多かったのは、漫画やアニメ、歴史の教科書を通じて日本を理解したという答え。中には、“抗日神劇(奇抜な手段で日本兵を倒す抗日ドラマ)”といったコメントもあった。

また、日本旅行を通じて日本を理解した、との答えも多く、その中の書き込みの1つはこんな感じだった

日本に行って、その清潔さ、秩序、人々のマナー、そしてエコなことにとても驚いた

一番印象深かったのは、それぞれの人が自分の仕事をしっかりやっていることだ。彼らが自分の仕事がそんなに好きなのかどうかは知らないが、ガソリンスタンドを出る時、若いスタッフの男性が大きな声を出して周りの自動車に注意を促し、帽子を脱いで90度のお辞儀で見送ってくれた様子は、まるで(日本の人気漫画)『頭文字D』の主人公・拓海と同じだった

それから私がコンビニでフライドチキンを買い、店内で食べようとした時には、店員の若い女性が申し訳なさそうに私に店を出てから食べるよう促した。その後、その女性は私が弁当の温めを待っていることを知ると、温まった弁当を私に渡し、すみませんと言う気持ちを込めて微笑んだ

伊豆半島の温泉宿では、スタッフのおばさんに『尖閣諸島問題をどう思うか』 と聞いてみようと思ったが、おばさんの「世間知らず」な顔を見ていたら、そ んな質問はどうでもいいと思うようになってしまい、結局聞かなかった。

中国人の一人として、私は日本の軍国主義や指導者たちの靖国神社参拝に反対だただ、一般の日本人には大きな好感を持っているし、日本の製品は素晴らしいと感じる

日本よ。あなたのことを改めて知ることができて、うれしく思う

参考 FOCUS ASIACOM 2015.07.05

 

【関連する記事】